トップページ > テレビ > 【第35回】はやぶさカプセル帰還ライブ放送

テレビ

【第35回】はやぶさカプセル帰還ライブ放送

放送日時:
2010年6月13日(日) 12:45~15:00 19:30〜24:00
配信のスタートが大変遅くなり本当に申し訳ございませんでした。
復旧し、14時ころより第1部の途中から配信しております。
放送終了後の15時30分より、
的川先生の講演については録画放送を予定しております。
 
P-043-0008-18111.JPG.jpeg
■番組放送予定(6月9日現在)

〜「はやぶさ」の帰還を
みんなでむかえよう!〜

 2005年、地球から3億kmも
はなれた小惑星イトカワに
到着した「はやぶさ」、
イトカワの表面のサンプルを
とって、今、地球に向かって
います!
6月13日、「はやぶさ」は、
サンプルを入れたカプセルを
オーストラリアの砂漠に
落とす予定です。

イラスト右:提供 池下章裕


みんなからの書き込み待ってるよ! 
「はやぶさ」や「小惑星探査」などについての想いや考えをどんどん書き込もう!


 ■第1部 12:45〜15:00
  的川先生による「はやぶさ」に関する講演など
  会場の呉やまとミュージアムとつないで生中継!

 ■第2部 19:30〜24:00頃(内容、放送終了時間は変更になる場合があります。)
  「はやぶさ」ミッションへの視聴者の皆さんからの想いを
  全て紹介! 地球にかえってくる「はやぶさ」をみんなで応援しよう!
 
  JAXA相模原キャンパスに展示されている「はやぶさ」の模型やM-Vロケット、
  内之浦の射場の模型、ビデオをみながら、「はやぶさ」ミッションをふりかえるよ。
 
  「はやぶさ君の冒険日誌」も、かわいいイラストと朗読で紹介するよ!

  「宇宙なんでも実験隊(UNJ)」では、こじま隊長が
  「はやぶさ」や「M-V」のペーパークラフトづくりに挑戦するよ!
  「M−Vロケット」は、フィルムケースロケットを打ち上げるぞ!
 
   ・ペーパークラフトがダウンロードできるページ 
   小惑星探査機「はやぶさ」を作ろう! (かんたん ちょっとむずかしい 熟練者)

   ・フィルムケースロケットを飛ばそう!の作り方、打ち上げ方のページはこちら
 
 ★番組をみてくれた人の中から3人に宇宙グッズのプレゼントがあるよ!
番組の中で発表されるキーワードをゲットして、応募しよう。
プレゼントの応募はこちらから。


アーカイブ(録画)をみる


出演者紹介(宇宙教育テレビ放送)

 
きくちおにいさん
きくちおにいさん
JAXA宇宙教育センター
菊池 優太(きくち ゆうた)
宇宙に関する楽しい話題を、楽しく、わかりやすく、そして熱くお伝えします! 今年は一緒に働いているJAXAの仲間もどんどんゲストに呼んでくるよ!
こさくん
こさくん
日本宇宙少年団
小定 弘和(こさだ ひろかず)
みんなと一緒にふしぎやおどろき、発見を求めていきます! 宇宙教育についても興味を持ってくださいね。

☆質問・ご意見 掲示板

31. accf さん
2010年6月12日 18:36

 なんて冷たい人たちなんでしょう。ちゃんと「はやぶさ」にもパラシュートを付けてあげればいいのに・・・・・。予算がないなら日本中のファンに援助をもらって安全に降りられたかもしれない(無理なのは判っていても形だけでも・・・)。初めてのお使いで消えるなんてかわいそすぎる。日本人は思いやりを無くし冷たくなったのかなぁ~

32. たけぽん さん
2010年6月12日 19:10

捨てるのはいやとか冷たいとかかわいそうとか書いてる人がいますが、「はやぶさ」が消えてしまうのははじめからそう決められていたわけではありません。
度重なるトラブルによって、カプセルを確実に届けるために仕方なくカプセルと一緒に大気圏に突入することになってしまったのです。

テレビは見ていませんが、そういう説明はなかったのですか?
ホームページに書いてないですか?
せめてWikiPediaぐらい読んだらどうですか。

33. う~め さん
2010年6月12日 19:25

>>accfさんへ

そうですね、私も帰ってこれればよかったとは思います。
本プロジェクトの最高責任者、川口さんも同じような葛藤があるようです。
http://hayabusa.jaxa.jp/message/message_001.html

はやぶさ本体もパラシュートで帰ってこれればよかったのですが、残念ながら大気圏突入時の圧縮された大気熱によって、パラシュートが開く前の安全速度に減速する前に溶解(衛星崩壊)してしまいパラシュート自体が無意味になってしまうのです。これに耐えるように人工衛星を作ることは、地球帰還「のみ」に人工衛星を特化しなければならず、とても星々を巡ることはできません。
(これもほぼ不可能、というかこれでは人工衛星ではなく、ただの帰還船になってしまいますね・・・)

私もaccfさんと同じように「帰還できればいいなぁ」とは思いますが、それを付けなかった「はやぶさ」を設計した人達や作った人達、運営した人達、それを見ている普通の人達は冷たい人たちではないのです。

今まで星々を巡る人工の衛星は一方通行でした。つまり目的の星に到着したら地球に帰還することは無かったのです。そう思うと「はやぶさ」は地球に帰還できうる唯一の人工衛星となることになります。
私としては地球に帰れるだけでも良しとしています。

世界中で一番嬉しくて悲しんでるのは上で書いたプロジェクトマネージャの川口淳一郎氏だと思います。
毎日毎日、信号も途絶えたときもずっと一緒に居た人ですから。


いよいよ明日ですね。

34. さん
2010年6月12日 21:03

>愛媛の真木さん

そういったことも全て想定した上で、
ちゃんとした設備で
「地球大気と隔離された状態で慎重に開封される」との事ですから心配ないでしょう。

ISASメールマガジン第199号に記載があります。

35. つる さん
2010年6月13日 00:50

苗字に鶴がつくのではやぷさの帰還はひとごと?!ではありません。はやぶさで思い出されるのは、大昔、8823/はやぶさと言うTV番組がありました。年齢がわかってしまいますね。ところで、鳥のはやぶさをちよっと調べたところ、タカ目ハヤブサ科ハヤブサ属非常に飛翔速度が速く、降下時の最高速度は時速200km、時には時速300kmに達することもある。急降下速度は現生鳥類最速とされ、そのスピードを生かした狩りをする。(中略)夫婦の絆が強く、パートナーの一方が死なない限り、毎シーズン同じつがいで繁殖する。以上ウィキペディアより。  さて、話が少し脱線しましたが、再突入の際はカプセルは焼損してしまうとのことでゆずり葉のようで気の毒ですが、イトカワから採取したお土産を携えての無事帰還を祈念しています。それから、関係の方々のこれまでの様々なご苦労に敬意を表します。

36. まりあ さん
2010年6月13日 03:17

本当に素晴らしい!!! 関係者の皆様とはやぶさくんの長い長い道のりと大きな努力に心からの賛辞を送ります。

ところで、どうしてこんな素晴らしいニュースが新聞の一面に出ないのでしょうか。何カ月も沈黙していたはやぶさくんが送ってきた小さな信号、壊れたイオンエンジンを遠隔操作でつなぎなおして再起動、などなど、日本が世界に誇れる技術とチャレンジの折々を一面に持ってきたなら、たくさんの人が勇気付けられるのに。

今日はパソコンに張り付いてはやぶさくんの最後のミッションを見届けます。

37. 両親 さん
2010年6月13日 05:17

おめでとう!!!

 赤飯炊いて待ってます。


38. cocoa さん
2010年6月13日 05:43

mplayerとかへんなプラグインじゃ誰もみれない。
QuickTimeや最悪でもFlashにしないと。

39. なごん さん
2010年6月13日 05:56

新聞で見て、HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-
を昨日見ました。(プラネタリウム番組)

もう、涙なしに見られません。
本当に、上にも投稿されてる方もいますが、
おかえりなさい、「はやぶさ」。

40. ゆうき さん
2010年6月13日 08:57

無事大気圏抜けたら・カプセルを、NASAが、追跡・観測してくれるそうだから・うまくいけば映像で捕らえてくれるそうだから。。。着地したカプセル・・・発見早いかも。。「はやぶさ」は・・・もう世界の「はやぶさ」になっている。。
カプセル分離・大気突入・大気圏抜け出せますように・・・


最初<<  前<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    >>最後
 
(任意・表示されません)
(任意・表示されません)
  
協力
家庭用プラネタリウム HOMESTAR セガトイズ
ディスカバリーキッズ科学実験館