表紙へ戻る 『YACニュース』へ戻る
トピックス
10月12日〜17日、第18回世界宇宙飛行士会議、無事終了

(C)宇宙探検家協会 第18回世界宇宙飛行士会議組織委員会
「第18回世界宇宙飛行士会議」は、2003年10月12日〜17日の日程で、宇宙探検家協会と第18回世界宇宙飛行士会議組織委員会の主催で日本で初めて開催されました。

世界宇宙飛行士会議とは、各国の宇宙飛行士が組織する「宇宙探検家協会(Association of Space Explorers:ASE)」が、宇宙飛行を通じての貴重な経験を人類共通の財産として広く一般と共有することを目的に毎年各国で開催している国際会議です。

今回の会議では「宇宙と教育−全人類の文化に向けて−」を主要テーマに、教育や文化と科学の接点が話し合われた他、これまでの有人宇宙活動を評価した上で、今後の宇宙開発利用の方向性、安全性、危機管理、産業化に関する将来展望についての議論がなされました。

なお、世界宇宙飛行士会議開催期間中の10月16日には、日本全国11カ所の会場を宇宙飛行士たちが訪れ、「コミュニティ・デー」が開催されました。「コミュニティ・デー」とは、各国の宇宙飛行士たちとの交流を通して一般の方々に宇宙をより身近に実感していただくためのプログラムであり、本会議においては全国各地の方々と宇宙飛行士が直接触れ合うことのできる唯一の機会でした。結果として、各開催地では、地域の伝統的な文化や産業等の特色を生かしながら、多くの方々に参加して頂けるプログラムが準備されました。

以下は、10月16日、コミュニティ・デー当日の日本人宇宙飛行士派遣先リストですが、日本宇宙少年団の団員が関われた派遣先はスケジュールの都合上広島市のみでした。広島市を訪れた向井千秋宇宙飛行士を始めとするアメリカ、ロシアからの計4名の宇宙飛行士たちは、コミュニティ・デー前日の15日の夜にYAC広島分団および広島安佐分団の団員たちとの交流会に参加なさったことは、YACニュースでお伝えしている通りです。

写真は、「第18回世界宇宙飛行士会議」に参加なさった宇宙飛行士たちの集合写真です。

開催地および派遣された日本人宇宙飛行士
開催地 主な開催会場 派遣された日本人宇宙飛行士
札幌 札幌メディアパーク・スピカ 角野 直子 宇宙飛行士
青森 青森県立三沢航空科学館 なし(米国人宇宙飛行士を派遣)
花巻 花巻温泉千秋閣 土井 隆雄 宇宙飛行士
東京 日本科学未来館 毛利 衛  宇宙飛行士
岐阜 かかみがはら航空宇宙博物館 秋山 豊寛 宇宙飛行士
三重 三重県産業支援センター
メッセウィング・みえ
星出 彰彦 宇宙飛行士
広島 こども文化科学館 向井 千秋 宇宙飛行士
高知 高知県内各高校 なし(米国人宇宙飛行士を派遣)
下関 海峡メッセ下関・イベントホール
シーモール下関
古川 聡 宇宙飛行士(午前)
北九州 スペースワールド・スペースキャンプ 古川 聡 宇宙飛行士(午後)
鹿児島 かごしま県民交流センター 若田 光一 宇宙飛行士


ASE 第18回世界宇宙飛行士会議 | JAXA


表紙へ戻る 『YACニュース』へ戻る