トップページ > 分団活動報告 > 藤沢分団 > ★宇宙食 つくって食べよう!

分団活動報告

藤沢分団
報告日:2012年02月28日

★宇宙食 つくって食べよう!

活動詳細

活動日・期間 2011年11月20日 10:00~14:30
活動場所 神奈川県 湘南台公民館 B1F 調理室
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/floor_0035.shtml
参加者 総数:35名
 ・団員: 15名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 5名
 ・保護者・その他: 15名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い あり

活動分野・内容

活動分野 宇宙飛行士・宇宙での生活
活動内容 交流 、 座学・学習 、 体験・見学 、 調理

活動の流れ

班分け後「オーダー」⇒「宇宙手巻き寿司!」⇒「ウィー・ムッシュ!」と、某番組の真似でオーダーの発表!
その後その時の様子をVTRで視聴し、メニューと調理方法の説明後に調理開始した。

【調理】
調理の際の安全確保を頭に修め、必要な用具、その収納場所を確認。ついでに、のり巻きの具や海外における「スシ」の人気度、宇宙船内の食事などを話題にして、調理の雰囲気を盛り上げた。参加者は5班に別れ、用具と食材を5ヵ所に準備し、各班毎にリーダーを配置しスタート。こども達は意外に手馴れた感じで各調理手順をこなしていた。

【試食】
最初味噌汁の『ベナール対流』(調理後静置した鍋底で味噌溶液が対流し「いわし雲」状の模様を描く)を観察。その後美味しく、太陽や地球現象を美味しく飲んでもらった!?
『のり巻き』は各自手製。焼き海苔の上にシャリを広げ、その上に『具』(焼肉・卵焼き・きゅうりなど)を載せ、海苔で巻き込むと出来上がり。太いものや細長いもの、かなり大きな物もあって、楽しそうに賞味していた。途中本物の『宇宙食』(ご飯とわかめスープ)を観察し、続いて市販の保存食『白飯』(宇宙食と同等)に湯を入れ15分蒸らした後試食した。

活動の留意点・安全対策

包丁や火を使う活動なので、十分注意する。
食品を扱う活動なので、服装と手洗いをしっかりさせた。

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

「全部美味しかった」
「思っていた通りの出来」
「肉を焼く時、タレがしみ込むように気を使った」
「キュウリの細切りに注意した」など、など。

あるいは
「今回包丁を使うのが3回目…」と恐る恐る


そして
「来年もまたやろう!」との事 ^ ^;
リーダーの皆さん、宜しくお願いします。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 藤沢分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    遠藤 智
  • 結団日
    1988年12月18日
  • 主な活動地域
    藤沢市
  • 主な活動施設
    主に藤沢市内各所
  • 主な活動日
    毎月第3日曜日
  • PR
    アットホームな暖かい分団を目指しています!(でも、時には厳しいよ!)
    リーダー皆で協力し知恵を出し合い、みんなが楽しく活動ができるように常にチャレンジしています。

    ぜひ一度見学に来て下さい。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    小学校3年生以上
  • 連絡先TEL
    ---
  • 連絡先FAX
    ---
  • 所属組織に
    支払う年会費
    6000円