トップページ > 分団活動報告 > 茅ヶ崎分団 > ちがさき宇宙教室『エッグドロップコンテスト』

分団活動報告

茅ヶ崎分団
報告日:2013年08月18日

ちがさき宇宙教室『エッグドロップコンテスト』

活動詳細

活動日・期間 2013年06月22日 14時~16時
活動場所 神奈川県 なぎさギャラリー
参加者 総数:131名
 ・団員: 6名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 4名
 ・保護者・その他: 121名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など)
活動内容 工作 、 実験

活動の流れ

JAXAの阪本成一教授が講師となり開催された第19回ちがさき宇宙教室に参加しました。
 今回は、「エッグドロップコンテスト」と題し、高いところから「ゆで卵」を入れて落としても割れない容器づくりにチャレンジしました。
 完成した卵を入れた容器は、庁舎内の2階(高さ6メートル50センチほどの高さ)から、市長、教育長等に一つずつ落としていただきました。

活動の留意点・安全対策

どうしたら卵が割れないですむかを考えるよう促す。
後始末を考えて、生卵ではなくゆで卵を使用した。
失敗しても後で食べられたので、無駄にならなかった。
高いところから落とすのは大人にやってもらった。

活動使用教材

ケント紙 A3を2枚で制作した。
セロテープやホチキス、のりなどの接着剤。

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

食べ物を粗末にしない観点から、ゆで卵を使用した点は、後始末も楽だったので良かった。(ドキドキするスリルや迫力は生卵の方が大では有りますが・・・)

参加者からの主な感想

分団活動でやったばかりりであったので、余裕をもって楽しめました。
やるたびに発見が有り、年齢に関係なく楽しめるもので、おとなも夢中でした。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 茅ヶ崎分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    前川 義憲
  • 結団日
    1996年10月26日
  • 主な活動地域
    茅ヶ崎市
  • 主な活動施設
    市立香川公民館
  • 主な活動日
    ---
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    分団への所属には、本部への登録が必須

    本部への登録はこちら↓ http://www.yac-j.or.jp/yac/new/

    本部登録料2000円(初回のみ)本部年会費3000円 初回お支払い額5000円
  • 連絡先TEL
    0467-84-4161
  • 連絡先FAX
    0467-84-4162
  • 所属組織に
    支払う年会費
    3000円