トップページ > 分団活動報告 > 札幌分団 > 鋳造に挑戦してみよう

分団活動報告

札幌分団
報告日:2016年02月13日

鋳造に挑戦してみよう

活動詳細

活動日・期間 2015年12月13日 13:30-16:30
活動場所 北海道 パーティハウス(札幌市西区八軒2条東4丁目1-30))
http://partyhouse.jp/?page_id=13
参加者 総数:14名
 ・団員: 2名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 5名
 ・指導員: 3名
 ・保護者・その他: 4名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 7,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など)
活動内容 工作

活動の流れ

1.参加者に金属加工について説明
 ・溶接、鍛造、鋳造など
2.錫を融解の実演
3.コルクボードと画用紙をカットして鋳型製作
4.合板で鋳型を挟み込み、融かした錫を鋳込み
5.研磨剤による表面磨き
6.ハンドドリルで穴を開けてキーホルダー化

活動の留意点・安全対策

・LE-7ロケットエンジンや日用品の鋳物について説明
・鋳込み作業者は二人以上が望ましい
・鍋は使い捨て前提。100円均一のものでも十分に機能した
・高温となるため、必ず大人が鋳込むこと
・十分な冷却時間をとってから、中身を確認すること

活動使用教材

・卓上ガスコンロ
・アルミ鍋
・カッター
・ハサミ
・ウェス布(不要衣類をカットして使用)
・研磨剤(ピカール)

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

・錫ペレットのみアマゾンで購入
・コルクボードは東急ハンズのコルクコースターを利用したが
 100円均一の工作用コルク板のほうが安価。
・合板は表面が平らなものが望ましい
・画用紙を挟むことで凹凸の模様が追加できるが、コルクとのり付けしないこと
・キーホルダー化部品は一組100円ほどで、これも東急ハンズ
・季節イベント化する場合、手作り用品は売り切れが早いことに注意

参加者からの主な感想

・普段できないことなので楽しかった
・きれいにできた

活動に関する反省点・改善点

・鋳込みは二名以上が望ましい
・模様は反転することに注意
・金属を融かすだけでも小さい子は興味を持つため、觀察する機会を儲けたい
・ドリル刃は木材用ではなく金属用を使用するべき。
 柔らかい金属のため木材用でも穴はあくが時間はかかる。

PHOTO

分団情報

  • 札幌分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    中島 禎司
  • 結団日
    1987年5月5日
  • 主な活動地域
    札幌市
  • 主な活動施設
    ---
  • 主な活動日
    1~2ヶ月に一度
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    011-613-6011
  • 連絡先FAX
    011-613-6011
  • 所属組織に
    支払う年会費
    ---