トップページ > 分団活動報告 > 水沢Z分団 > 第9回定例活動「ソフトウェアってなんだろう」

分団活動報告

水沢Z分団
報告日:2016年03月16日

第9回定例活動「ソフトウェアってなんだろう」

活動詳細

活動日・期間 2016年01月17日 9:15~12:00
活動場所 岩手県 奥州宇宙遊学館
参加者 総数:41名
 ・団員: 21名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 7名
 ・保護者・その他: 13名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 中学生 、 高校生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など)
活動内容 交流 、 体験・見学

活動の流れ

及川 徹リーダーが、初めての担当となる活動でした。 ソフトウェアについて、

ゲームなどの身近なものにも、そして宇宙に浮かぶ惑星を調査する探査車にも、

広く活用されている便利なものという説明を聴いたあと、団員は自分が想像する

「別の星に棲む宇宙人」を画用紙で作製しました。

 リーダーが手作りの「kyurio」(キュリオ)と名付けた惑星探査車を、団員4名が

一組となり協力して操作し、離れた場所に並べた宇宙人に向かって障害物にぶ

つからないように進ませ、正面から宇宙人の写真を撮るという作業をしました。

 その後、写真の宇宙人と団員を合成させた写真も撮影し、楽しみました。

活動の留意点・安全対策

 精密な機械なので、歩くときなどは、ぶつかったりしないように気をつけました。

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

 「面白い! いろんな動作をさせておもちゃを作りたい!」

 「もっと、複雑なプログラミングを学びたくなりました」と、目を輝かせ、実際に惑

星にむかっている探査車の話を、集中して聴いていました。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 水沢Z分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    佐々木 孝
  • 結団日
    1993年7月17日
  • 主な活動地域
    奥州市
  • 主な活動施設
    国立天文台水沢VLBI観測所

    奥州宇宙遊学館
  • 主な活動日
    ---
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    0197-24-2111
    内線番号392 高橋 弓 様
  • 連絡先FAX
    0197-23-5240
  • 所属組織に
    支払う年会費
    1000円