トップページ > 分団活動報告 > 館林分団 > 水ロケット交流会

分団活動報告

館林分団
報告日:2016年07月24日

水ロケット交流会

活動詳細

活動日・期間 2016年07月18日 9:00-16:00
活動場所 群馬県 向井千秋記念子ども科学館の隣
参加者 総数:62名
 ・団員: 13名
 ・他分団員・本部所属団員: 30名
 ・体験入団者: 1名
 ・指導員: 3名
 ・保護者・その他: 15名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 20,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など)
活動内容 工作 、 実験 、 交流

活動の流れ

 8:00 リーダー集合、テント設営などの準備開始
 8:30 団員集合、受付と機体検査
10:00 開会式(広瀬館長挨拶、リーダー・ゲスト紹介、ルール説明)
    午前の競技開始(2回打ち上げ)及び、当日参加者向けのロケット工作
12:00 お昼休憩
13:00 ゲストによる大型水ロケットの打ち上げ(写真参照)
    午後の競技開始(1回)
14:30 表彰式、記念写真撮影
15:00 後片づけ、機材返却

活動の留意点・安全対策

かなりの高温になる事が予想されたので、(実際に午後2時の時点で、36度を記録している)テントやタープなどの日除けを十分に準備する事と、水分と塩分の補給に心がける。事前の注意と準備を行う。日なたには長時間居ない、開会式などは短時間に行い、表彰式はテントの下で行った。
万一、気分が悪くなった時は、科学館に移動出来る様に、会議室などを借りておく。(お昼休みに希望者は館内の冷房が入っている部屋で休憩をとる)
雷雨の接近など天候が急変した場合も同様に、科学館に退避する。
水ロケットの打ち上げの際は、保護メガネ着用、発射のラインより前に出ないなど、従来の注意事項を守る。

活動使用教材

水ロケットランチャー(4セット)、屋外用PA装置(300W)、発電機(600VA)、トランシーバー4台、レーザー距離計、テント(本部用として3張り)、三角コーン、PPひも、ペグ、テーブル、いす、ホワイトボード、賞品(メダル、サイン入り帽子、サイン入り色紙)、補修用材料、冷水用ジャグ、紙コップ、冷却剤(熱中症対策)

科学館のバンを使って、機材の運搬を行う事により、短時間で準備、片付けが出来た。(作業のご協力に感謝します)

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

レーザー距離計による飛距離計測を行う事で、計測作業を1名で実施する事が出来た。また、計測結果は無線で連絡し記録係りが、打ち上げ順のリストに距離を書き込むだけとして、大会運営の効率化を図っている。
大型のPA装置を使って、結果をリアルタイムで参加者にフィードバックし、進行なども共有する事が出来た。

大型水ロケットの打ち上げデモンストレーションは、迫力があり、交流会を大いに盛り上げて頂く事が出来た。

参加者からの主な感想

暑かったけれど、とても楽しかった。
思ったより、ロケットが飛ばなかった。
大型のイプシロンロケットは、とても迫力があって、凄かった。
また、来年も行いたい。
夏ではなく、もっと涼しい時期に行った方が良い。

活動に関する反省点・改善点

当日は、予想通り、最高気温が36度と全国でも1,2位を争う高温となった。
しかし、各自の対応と事前の準備により、熱中症や気分の悪くなる人も出ずに、無事に終わらせる事が出来た。しかし、高温の炎天下では、注意力が低下するため、特に打ち上げ時の安全確認が疎かになる場面が見られた、ゴーグルを着けない等のケースはその都度注意している。

リーダーは交代要員が居ない状況で、過酷な運営となった。
今回は選挙などの影響で、広場の予約が確定する時期が遅くなっているので、次回はもっと早い時期に開催日程を決めたい。

PHOTO

分団情報

  • 館林分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    増田 隆志
  • 結団日
    1988年11月6日
  • 主な活動地域
    館林市
  • 主な活動施設
    向井千秋記念子ども科学館
  • 主な活動日
    毎月第4日曜日
  • PR
    ---
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    2017年度より、小学生以上となりました。
    (尚、既に入団している人は、対象外です)
  • 連絡先TEL
    0276-75-1515
  • 連絡先FAX
    0276-75-1433
  • 所属組織に
    支払う年会費
    年間4,000円を、半期毎に集金、体験は500円/1回