トップページ > 分団活動報告 > 苫小牧分団 > 11月例会「バルーン実験」

分団活動報告

苫小牧分団
報告日:2016年11月14日

11月例会「バルーン実験」

活動詳細

活動日・期間 2016年11月12日 10:00~12:00
活動場所 北海道 苫小牧市科学センター
参加者 総数:21名
 ・団員: 0名
 ・他分団員・本部所属団員: 6名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 5名
 ・保護者・その他: 10名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 科学一般(物理・化学・地学など) 、 宇宙科学・天体
活動内容 実験 、 座学・学習

活動の流れ

千葉工業大学がモンゴルで実験した成層圏バルーン放球共同実験に渡辺リーダーが立ち会いました。これをヒントに例会で実験。風船1個に約何グラムのヘリウムガスを入れたかのかを算出した。

活動の留意点・安全対策

1.ヘリウムガスの性質を知る。
2.市販の風船にヘリウムガスを注入。
3.スマホを録画にセットし、下部に取付。
4.放球(安全紐あり)
5.回収
6.風船の数量を確認。(約60個)
7.体積及び重量の算出。

活動使用教材

風船、ヘリウムガス、荷造り紐、ビニールテープ、ハサミ

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

ヘリウムガスボンベを屋外で扱ったため、風船に荷造り紐を取り付ける際、手を放してしまい放球となった。

PHOTO

分団情報

  • 苫小牧分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    藤島 豊久
  • 結団日
    1987年7月19日
  • 主な活動地域
    苫小牧市科学センター
  • 主な活動施設
    苫小牧市科学センター
  • 主な活動日
    毎月第二土曜日
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    5歳以上
  • 連絡先TEL
    0144-33-9158
  • 連絡先FAX
    0144-33-9159
  • 所属組織に
    支払う年会費
    0円