トップページ > 分団活動報告 > 佐野分団 > 群馬県立自然史博物館&ぐんまこどもの国見学

分団活動報告

佐野分団
報告日:2017年02月19日

群馬県立自然史博物館&ぐんまこどもの国見学

活動詳細

活動日・期間 2017年02月18日 8:30~16:30
活動場所 群馬県 群馬県自然史博物館他
参加者 総数:34名
 ・団員: 28名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 5名
 ・保護者・その他: 1名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 高校生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 16,500円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 自然・動物
活動内容 交流

活動の流れ

歴史や自然、文化のある博物館や建築物等を見学することにより団員の見聞や良識等を広めることを目的に実施した。

〈日程〉佐野市こどもの国発8:30⇒佐野田沼IC⇒北関東道⇒上信越道⇒富岡IC⇒群馬県立自然史博物館見学10:00~13:00⇒上信越道⇒北関東道⇒太田藪塚IC⇒ぐんまこどもの国着14:20~15:30まで見学⇒佐野市こどもの国16:30着

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

博物館を見学することにより地球の生い立ちを自然と生命の歩みとともにたどり、恐竜の絶滅や生物の謎に迫る秘話もたくさん理解することができた。壮大なロマンを体験することができた。

参加者からの主な感想

緑豊かな群馬県の自然を再現しているものが多く、たくさんのジオラマや尾瀬シアターなどで自然の素晴らしさを発見することができた。世界中から収集した動物、植物、鉱物などの標本に直接触れ学習することができ感動してしまった。ロボット博士の進化の話もとても面白かった。かけがえのない地球を守るためにというコーナーは団員のみんなが真剣に考え語りあっていた。車中でも僕が家で考えてきた“YACクイズ”に楽しく可笑しく答えていたのがとても印象的だった。ちなみに来年度の我が分団の継続団員は32人、新規団員は今日現在は6人で平成29年度もリーダーを含め50人近い人数になるだろうとのこと。2000年から組織され毎年度々40名からの団員を維持している佐野分団ってすごいんだよね。(リーダー柿)

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 佐野分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    島田 悦男
  • 結団日
    2000年4月22日
  • 主な活動地域
    佐野市
  • 主な活動施設
    佐野市こどもの国
  • 主な活動日
    原則:毎月第2土曜日※期日変更の場合あり
  • PR
    2000年4月に佐野市の全面バックアップを受け初団。リーダーは、天体観測の専門家、宇宙・科学に興味を持ち子どもの教育に情熱を捧げる学校教諭や養護教諭をはじめ、ボーイスカウトリーダー&レクコーディネーターなど社会教育のエキスパート等総勢8名のリーダーが指導を行い、団員は常に40名を維持している。平成18年度から平成20年度まで3年連続でYAC本部より「優秀活動賞」や「PR貢献賞」を受賞。佐野市内のこどもに関する活動をリードする健全育成団体として関係各位から高い評価をいただいている。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    市内在住者(小学校3年生~)※なお、団員募集は毎年2月~3月頃に実施し年度内の途中入団はできない。
  • 連絡先TEL
    0283-21-1515
  • 連絡先FAX
    0283-21-1521
  • 所属組織に
    支払う年会費
    0円※佐野市交付金及び活動内容により別途団員負担金あり