トップページ > 分団活動報告 > 八幡西八枝分団 > 歩いて揚がるたこづくり

分団活動報告

八幡西八枝分団
報告日:2017年01月14日

歩いて揚がるたこづくり

活動詳細

活動日・期間 2017年01月14日 14-16
活動場所 福岡県 北九州市八幡西区八枝市民センター
参加者 総数:23名
 ・団員: 7名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 0名
 ・保護者・その他: 16名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 科学一般(物理・化学・地学など) 、 宇宙科学・天体 、 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など) 、 自然・動物 、 環境
活動内容 工作 、 実験 、 創作 、 講演 、 交流 、 観察・観測 、 調査・分析 、 座学・学習 、 体験・見学

活動の流れ

八枝アンビシャス活動 宇宙少年団たこづくり
1月14日 八枝市民センター第一会議室

14:00から ごあいさつ
14:10~ ひご2本を使って風が無くても揚がる凧を作ります。
15:30~ 出来上がったたこを外で揚げます
15:40~ 記念写真
16:00~ おかたづけとお話し

活動の留意点・安全対策

オリジナルの風が無くても揚がる凧をつくり、幼児でも簡単に作れるので自由に作ることにした。
見本を見ながら試行錯誤を繰り返し各自が自由に作り上げた。
ひごと糸とセロテープとポリ袋があればハサミで切って完成!
しかし、糸を結ぶことに慣れてないので四苦八苦、結び方を教えてもらってようやく弓が完成!
ポリ袋を開いてシ-トにしてセロテープで貼って完成させた。
何事も、チャレンジしやり遂げ楽しい思いがあるから、モノづくりが楽しくなる。
今回も最後までやり遂げ、楽しかったことがお土産です。

活動使用教材

ひご

セロテープ
ポリ袋
ハサミ

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

感想
〇たこ作りは思ったより難しかったです。
特にひもを結ぶときバランスをとるのが難しかったです。
できたたこをあげるのは、風も強くて寒かったけど、とても楽しかったです。
〇・たけひごに糸を結のが難しかったけど飛ばしたら楽しかったです。
・簡単な材料で空を飛ぶ凧ができるなんてすごいと思いました。手先が不器用なので大変だったけど楽しかったです。
・酉年の初活動鳥のように飛ぶ凧が作れて嬉しかったです。また、前回作った柄との酉、できばいが可愛く玄関に飾らしてもらいます。今回もありがとうございました。

活動に関する反省点・改善点

次回は
①1月21日(土曜日) 永犬丸児童館餅つき大会 団長の手作り木の臼で!
②2月4日(土曜日)概要・目的
独楽はジャイロコンパスとして、人工衛星や船舶の航行を助けるためにも使われている。
地球ゴマは回転軸が地面に対して23.4度傾斜しながら回る面白い機構を持ち、地球の自転・公転運動やジャイロコンパスの理解を助ける教育玩具を使って遊んでみよう。
そして、独楽を作って喧嘩独楽で勝負をして遊びます。

PHOTO

分団情報

  • 八幡西八枝分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    和田 幸裕
  • 結団日
    2011年4月3日
  • 主な活動地域
    北九州市八幡西区
  • 主な活動施設
    八幡西区 八枝市民センター
    私設 自然体験学習場  「竹炭工房すまいる庵」
  • 主な活動日
    第2土曜日 14時から16時
  • PR
    幼小家族を対象に親子で科学する体験学習。(遠方から参加されています。)
    自ら考え遊びを通した物づくり体験。見たもの全てが遊び物 見て確認それから考えて楽しもう!挑戦人になろう!人間力の向上。自然と科学と宇宙を融合した遊び教育体験を目標 2020年宇宙飛行士をめざそう!
    24.4;自然の中で遊ぼう 5;考えよう!「はやぶさの挑戦」・宇宙ってどんなとこ(宇宙環境実験で確かめよう) 6;その辺にあるもので火星探査機を作ろう 7;スペースシャトルをつくろう。8;焼き物作成ロケットをつくろう。9;紙コップで星座を見よう! 10;自然体験「星の観察」「竹馬づくり」(火と刃物と水)竹工作をしよう 11;廃品利用トレー飛行機を作ってみよう 12;宇宙食を作って食べよう! 25;1;中止 2;磁石で遊ぼう!地球の磁力磁場を体験しよう! 3;宇宙衛星起き上がりこぼしを作ろう 4;自然体験竹ロケットを作ろう星空観測 5;竹の子で遊ぼう 6;二周年記念 星のお話 7;宿泊研修 竹炭を作ろう 7;夏休み地域貢献 筏を作って川を渡ろう 8;休み 9;鹿児島&種子島活動報告 宇宙開発について 10;木を知ろう 11;凧を作ってみよう 12;中止 26.01月 熱気球作って煙突の排熱で宇宙まで揚げよう 2;宇宙食を作ってみよう 3;室内凧を作ろう 4:宇宙ロケットの打ち上げ振動を体験しよう 5;歓迎会(竹工作をしよう) 6:;だいち2号H2A打ち上げ報告とコマ作り 7:竹工作宇宙衛生をつくろう 8;地域貢献自然体験学習 9;地域貢献 昼食会での講演 9;昔の火消しポンプをつくろう 10;地域貢献 保育所自然体験学習 10;上昇気流を体感しよう&宇宙講演 10;地域貢献 自然体験 11;ビュンビュンこまをつくろう&焼き芋体験・まんがミュージアム宇宙兄弟展でポスター展示 12;大きな門松作りに挑戦しよう 27.1;地域貢献 凧作りに挑戦しよう ・正月手作り薄で餅つきをしよう 2;「はやぶさ2」をもっと知ろう(地域へ広報して勉強会) ボランティアin八幡西へ参画 3;大気をつかもう紙工作
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    幼少親子家族で参加(なるべく親子で体験できる環境で活動します。)
    私設 自然体験学習場へは車で来てください。
  • 連絡先TEL
    090-8405-1815
  • 連絡先FAX
    ---
  • 所属組織に
    支払う年会費
    活動会費は集めていません。(YAC本部の年会費のみ)