トップページ > 分団活動報告 > 和歌山分団 > 国際宇宙ステーションと宇宙の公用語

分団活動報告

和歌山分団
報告日:2017年02月12日

国際宇宙ステーションと宇宙の公用語

活動詳細

活動日・期間 2017年02月12日 9:30-11:00
活動場所 和歌山県 和歌山県 和歌山県 サンケイ寄合橋ビル2階(和歌山市湊本町1丁目23番地)
https://www.google.co.jp/maps/@34.2330053,135.1654198,17z
参加者 総数:17名
 ・団員: 16名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 1名
 ・保護者・その他: 0名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 宇宙飛行士・宇宙での生活
活動内容 講演 、 座学・学習

活動の流れ

今月はJAXAスペースティーチャーで県立桐蔭中学校教頭の戸川先生に講師をお願いしました。
9:15受付
9:30~活動開始
今月のテーマは「国際宇宙ステーションと宇宙の公用語」
国際宇宙ステーション(ISS)の大きさや、地球の周りを毎日回っていて、地球を1周するのにどれ位の時間がかかるのか?地球からどれ位の高さを飛行しているのか?日本の実験棟の名前やISSに参加協力している国は何カ国あるのか等様々な事を学んだ。そして国際宇宙ステーションで非常に大事なコミュニケーションについても学んだ。
その後、国際宇宙ステーションでは公用語として英語が使われている。(最近はロシア語も使っている)
英語を使って面白いゲームを行い、少しでも英語に興味を持ってもらえるよう英語で楽しみながらコミュニケーションを学んだ。
11:00活動終了し、記念撮影~解散

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

普段英語でゲーム等しないが、こんな時に英語で質問され、答えが分かった時の分団員はいきいきしていた。最初は難しく考えていても、徐々に慣れてきて、楽しそうに参加していた。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 和歌山分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    西田 弘
  • 結団日
    2009年8月1日
  • 主な活動地域
    和歌山市内
  • 主な活動施設
    和歌山リビング新聞社 会議室
    和歌山大学宇宙教育研究所
    和歌山大学生涯学習センター
    その他
  • 主な活動日
    基本的に土曜日(変更あり)
  • PR
    和歌山分団では和歌山大学宇宙教育研究所・JAXAスペースティーチャーズ和歌山と連携協力し、宇宙・科学工作・実験・自然観察・天体観測・ボランティア活動に至るまで、あらゆる事に月1回活動を予定しています。
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    入団月は毎年4月になります。
    (年度途中の入団は受け付けておりません。)
    小学校4年~6年まで
  • 連絡先TEL
    073-428-0281
  • 連絡先FAX
    073-428-3421
  • 所属組織に
    支払う年会費
    なし