トップページ > 分団活動報告 > 館林分団 > 群馬のからっ風で凧上げと風力発電に挑戦

分団活動報告

館林分団
報告日:2017年01月29日

群馬のからっ風で凧上げと風力発電に挑戦

活動詳細

活動日・期間 2017年01月22日 9:00-12:00
活動場所 群馬県 向井千秋記念子ども科学館
参加者 総数:34名
 ・団員: 15名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 3名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 14名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 10,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など) 、 自然・動物
活動内容 工作 、 実験 、 座学・学習

活動の流れ

凧の製作と、風力発電機の製作を行う。広場に出て、凧あげと風力発電の実験を行う。
部屋に戻って、電気について、身近なところで電気を何に使っているか考える、電気はどこで、どうやって作られているかを考える。
発電してLEDが点灯した人、しなかった人を確認、点灯した人から、羽の工夫などを聞く。
次回の電子工作に備えて、リーダーの準備したブレッドボードで組んだ回路を見せる。

活動の留意点・安全対策

凧あげを行ってよい場所を確認、電線のそば、道路などで行わない事を注意する。特に持ち帰った後で遊ぶ時は注意する。

活動使用教材

連凧キット、風力発電キット、お茶などの500mlのPETボトルを切って羽を作る。

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

風が弱くて、凧上げが大変だった。走るのに疲れた。
なかなか風力発電が出来なかった。
電気を作る事が大変な事が分かった。

活動に関する反省点・改善点

冬場なので強い風が吹いていることを想定していたが、良い天気で風が無く、
特に風力発電でLEDが点灯した人は半数程度だった。次は、扇風機なども用意いておきたい。

PHOTO

分団情報

  • 館林分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    増田 隆志
  • 結団日
    1988年11月6日
  • 主な活動地域
    館林市
  • 主な活動施設
    向井千秋記念子ども科学館
  • 主な活動日
    毎月第4日曜日
  • PR
    ---
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    2017年度より、小学生以上となりました。
    (尚、既に入団している人は、対象外です)
  • 連絡先TEL
    0276-75-1515
  • 連絡先FAX
    0276-75-1433
  • 所属組織に
    支払う年会費
    年間4,000円を、半期毎に集金、体験は500円/1回