トップページ > 分団活動報告 > 館林分団 > 電子工作に挑戦・前半

分団活動報告

館林分団
報告日:2017年03月01日

電子工作に挑戦・前半

活動詳細

活動日・期間 2017年02月26日 9:00-12:00
活動場所 群馬県 向井千秋記念子ども科学館
参加者 総数:40名
 ・団員: 16名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 3名
 ・指導員: 3名
 ・保護者・その他: 18名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 20,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など)
活動内容 工作 、 実験 、 座学・学習

活動の流れ

9:15 挨拶と活動内容の説明
9:30 電気とLEDの注意
     電気の基礎、部品の役割を説明1
     LEDを点けてみよう!
10:20 休憩
10:30 部品の役割を説明2
      LEDを自動点滅させてみよう!
11:45 終わりの会、次回の説明

活動の留意点・安全対策

・電池の扱い注意、ショートさせない、必ず電池BOXから抜く
・家庭用のコンセントには絶対につながない
・LEDの光は綺麗でも、見続けない、紫外線が出ているから、目に悪い!
失明の危険もある。
・電解コンデンサーは接続を間違えると爆発する危険があるので、プラス、マイナスに注意する。(耐圧は50v、16vの2種類、電池は4.5v)

活動使用教材

ブレッドボード、電子部品(LED、カーボン抵抗、トランジスター2種類、電解コンデンサー)、電池、電池BOX、ジャンパー線数本
オリジナルテキストとして部品の説明とブレッドボードの配線図
オリジナルの抵抗はやみ表を作成

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

ブレッドボード関係の本、電子工作の本、子どもの科学(本とWEBサイト)
村田製作所のホームページ
材料は、秋葉原の大手電子部品通販にて購入
※部品が小さいので、虫眼鏡を使って表示を読む
予め、使う部品を人数分の小袋に取り分けておく(これが大変!)
LEDの配布数は、8個/人とする。
同じ部品を使った完成品を用意して、動かない時は比較できるようにする。

参加者からの主な感想

LEDが点いて楽しかった、おもしろかった。綺麗だった。
LEDがもっと欲しい。
家に持って帰って、また作りたい。
もっと違う回路も作って見たい。
抵抗を変えると、LEDの明るさが変わる事が分かった。点かない事もある。
コンデンサーを変えると、点滅の時間が変わる事が分かった。

活動に関する反省点・改善点

全員がほぼ、初心者で名前から説明するので、時間がかかった。
指導出来るリーダーが少なく、上手く出来ない場合のフォローに時間がかかった。
やはり、部品が小さく、虫眼鏡を使っても区別が難しく、間違う事がある。
電源のショートが起きないような工夫をしたい。
マルチバイブレータまでは出来なかったので、来月までの宿題となった。

PHOTO

分団情報

  • 館林分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    増田 隆志
  • 結団日
    1988年11月6日
  • 主な活動地域
    館林市
  • 主な活動施設
    向井千秋記念子ども科学館
  • 主な活動日
    毎月第4日曜日
  • PR
    ---
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    0276-75-1515
  • 連絡先FAX
    0276-75-1433
  • 所属組織に
    支払う年会費
    年間6,000円を、半期毎に集金、体験は500円/1回