分団活動報告

苫小牧分団
報告日:2017年03月12日

3月例会

活動詳細

活動日・期間 2017年03月11日 10:00-12:00
活動場所 北海道 苫小牧市科学センター
参加者 総数:18名
 ・団員: 5名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 2名
 ・指導員: 6名
 ・保護者・その他: 5名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 5,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など) 、 コンピュータ関連
活動内容 工作 、 実験

活動の流れ

2月例会のポイント復習うをしてから、今回の製作についての概要と資料説明をした。
製作の各ステージ毎に解説・製作を繰り返し、最終ステージ終了後には車輪を取り付
けないで動作させる、イメージトレーニングを行った。最後に車輪を取り付けて障害物
(ボーリングピンの玩具)を置いて自由に走行実験を繰り返した。

活動の留意点・安全対策

前月例会との繋がりを意識し、マイコンの仕組みを学習するというテーマから離れない
様に留意した。千枚通し等を扱うのでグループ内での危険防止を強調した。

活動使用教材

前月例会で製作したマイコンボード(ブレッド・ボード)、今月例会で製作する車体(発泡
スチロール板)と両輪ステッピングモーター(ドライブ基板付き)など。駆動軸の回転数が少ないので、駆動輪(前輪)にはCDロム盤の不要品(径が大きい)を利用した。

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

後輪が転回動作の大きな障害になるので、その仕組みと素材、重心位置の設定など
に試行錯誤を要した。今回の右左折動作では駆動輪の片輪のみが回転するが、他方
の駆動輪はブレーキになり、その接地点を中心にして後部接地点を円周状に引きづる
形になる。ここに大きな工夫が必要となった。

参加者からの主な感想

前回とのつながりもある中での仕上げ例会となり、参加者全年齢層がそれぞれの立場
で真剣に取り組んでいた。最終実験では各自の成果品(車)が一斉に机上をうごめく様
がアニメの世界を思わせた。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 苫小牧分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    藤島 豊久
  • 結団日
    1987年7月19日
  • 主な活動地域
    苫小牧市科学センター
  • 主な活動施設
    苫小牧市科学センター
  • 主な活動日
    毎月第二土曜日
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    5歳以上
  • 連絡先TEL
    0144-33-9158
  • 連絡先FAX
    0144-33-9159
  • 所属組織に
    支払う年会費
    0円