トップページ > 分団活動報告 > 広島分団 > アウトドアチャレンジ広島

分団活動報告

広島分団
報告日:2017年05月03日

アウトドアチャレンジ広島

活動詳細

活動日・期間 2017年05月03日 10-15:30
活動場所 広島県 広島市中区 平和大通り オリエンタルホテル前の広場
参加者 総数:106名
 ・団員: 5名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 1名
 ・保護者・その他: 100名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 10,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 科学一般(物理・化学・地学など) 、 社会貢献・社会奉仕
活動内容 工作

活動の流れ

アウトドアチャレンジ広島にブース出展しました。
8:30設営開始
9:30スタッフ集合、準備
10:00-12:30午前の部
 昼食休憩
13:00-15:30午後の部
 撤収開始
16:00解散

バルーンアート用のバルーンにてネズミを作り、飛ばします。2メートル以上飛べば合格。 幼稚園、低学年は自分の手で飛ばすことは不能で、ランチャーを開発し用意しました。分団開発の教材としてランチャーについては後日 日本宇宙少年団に報告いたします。(分団開発教材のコーナーに)   ネズミについては、ユーチューブにて「とびねずみ」で検索してみてください、多数の動画あり。

活動の留意点・安全対策

風船を膨らませた後、結んで止める、という作業は ほぼすべての子供が出来ませんでした。指導担当の分団長、リーダー、分団員が代わりにやってあげる必要があるステップです。現在の子供たちのスキル、というのは このレベルです。人に向けて発射しないこと、というのは 繰り返し注意おこなう必要があります。

かなり高学年にならないと、バルーンを同じ方向にねじって4つの分画を作る、ということは出来ませんでした。経験がないことと、勇気がないことです。少々では割れないから、と 勇気を持たせて やらせてみることが必要です。それが自信とスキルにつながります。

活動使用教材

バルーンアート用のバルーン。東急ハンズで100個入り2800円程度x2袋。けっこう破れ、作り直しが多かったです。   空気入れ、東急ハンズで1500円程度x3個。ネズミの顔を書くためのサインペン。  
作り方掲示用のプラダン、模造紙、100円ショップのバルーン、セロテープ。 ランチャー作成用の空のペットボトル、ヨーグルト容器、はさみ、カッター、ガムテープ。 飛距離測定用のメジャー、トラロープ、ペグ、ハンマー。
自立タープ、折り畳みテーブル、折り畳みイス、机、ロープ、ペグ、ハンマー、日本宇宙少年団紹介用のポスター、入団案内。

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

飛距離を示すのに、地面に 惑星のイラストを用意しました。 写真を御参照ください。水金地球(月)火木土を配置して、地球以上の距離(2m)で合格としています。

低学年や幼稚園では自分の手で飛ばす(写真参照)は不能です。ランチャーの用意が必要です。ヨーグルトではなくペットボトル使用のランチャーのほうが 低学年には容易でした。切り口を安全にするためガムテープを巻いています。
とびねずみ自体の工作はユーチューブに各種出ておりますので省略します。

なお、今回の活動アイデアは 分団員 甲斐君によるものです。すばらしいアイデア提案、ありがとう!!

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

風が強くなり、見本用の工作品が飛ばされることが多かったので、風対策は必要でした。

PHOTO

分団情報

  • 広島分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    高橋 浩一
  • 結団日
    1988年9月18日
  • 主な活動地域
    広島市
  • 主な活動施設
    吉島公民館
  • 主な活動日
    月1回
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    ---
  • 連絡先FAX
    ---
  • 所属組織に
    支払う年会費
    0円