トップページ > 分団活動報告 > 香川小惑星分団 > 望遠鏡を作ろう 例会報告も再会

分団活動報告

香川小惑星分団
報告日:2017年05月08日

望遠鏡を作ろう 例会報告も再会

活動詳細

活動日・期間 2017年05月07日 13:30~17:00
活動場所 香川県 コープ栗林 2F
高松市藤塚町3-17
参加者 総数:15名
 ・団員: 5名
 ・他分団員・本部所属団員: 5名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 3名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 6,200円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙科学・天体
活動内容 工作

活動の流れ

例会報告再開・「再会は誤字でした」 28年度は「子どもゆめ基金の採択で「子ども宇宙体験教室」に取り組みました.ところ多忙。加重負担で報告するまでの余裕は無理でした。例会は平年通りの開催で、特に後半半年は「ホバークラフト」に取り組みました。今年は新入団員も1桁代あり、メンバーも交代状態で新年度が始まっています。

活動の留意点・安全対策

この活動報告はエクセルなので、打ち込む途中で送信したり、一気に抹消されたりして、皆様のメールに何度も送信する失態がでます。送信者の岡内もこの対応に苦慮しているのが現状です。しかも時間制限もあり、また、写真挿入もありで、活動報告は岡内にとっては大変苦心する作業です。この現状をご理解してのご覧をお願いします。

活動使用教材

今回は望遠鏡制作でした。リーダーはこうした活動を毎回していますが、その準備はすべて岡内1人でしていることを常々「これでいいのか」と反省しきりです。
この材料準備からすべて自分たちでできる 宇宙少年団 にしたいと約0年間
取り組んで来ましたが、所詮無理でした。「セット屋 宇宙少年団」を実は嘆いています。心では満足していないのです。何時の日か「自分からすべて準備して、作る宇宙少年団」へ。毎回反省の例会なのです。

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

自作望遠鏡

参加者からの主な感想

できた-

活動に関する反省点・改善点

制限時間が29年度は午後半日開催としたのでさすが、厳しい。

PHOTO

分団情報

  • 香川小惑星分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    岡内 尊重
  • 結団日
    2001年5月26日
  • 主な活動地域
    香川県
  • 主な活動施設
    29年4月からは大幅に変更しました。会場は3会場、時間は昼の例会2会場とも午後開催。星空観察は夜間例会です。今年は昨年と比して計画は単純です。しかし、新たなる混乱が出なければいいですが。



     香川青年センター・高松市民文化センターで開催してきました。最近は会場の都合上、「コープ栗林」や野外での開催が多いです。
  • 主な活動日
    日曜日の午後の例会・星は土曜夜開催
  • PR
    分団長が30年前に「国分寺いん石」のいん石を収集してから、この名前にしたので、常にいん石や小惑星について思い出してほしいという願いがあります。そして、機会あるごとに本物いん石を見せてくれます。また、小惑星と「はやぶさ2」は切っても切れない関係ですので、今後とも話題にしていきます。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    087-874-0820
  • 連絡先FAX
    087-874-0820
  • 所属組織に
    支払う年会費
    本部会費と別に分団会費が必要です。入団後にお話しします。