トップページ > 分団活動報告 > かくだ分団 > ダンボールdeロケット作成

分団活動報告

かくだ分団
報告日:2017年06月24日

ダンボールdeロケット作成

活動詳細

活動日・期間 2017年06月10日 8:00-16:30 から  2017年06月11日 8:30-16:30
活動場所 宮城県 JAXA角田宇宙センター・コスモハウス
参加者 総数:34名
 ・団員: 9名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 10名
 ・保護者・その他: 15名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 18,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など)
活動内容 工作 、 創作 、 交流

活動の流れ

段ボール教育造形普及会の小川 進先生を講師に迎え、JAXA・角田市生涯学習係・YAC共催にて、H-ⅡBロケット並びに内部機器の1/20模型をダンボールにて製作した。

4日間にわたる全行程のうち、YAC並びに市民大学受講者・角田市生涯学習係が前半2日間を担当。
初日午前はJAXA角田宇宙センターにてロケット並びに補給船「こうのとり」等の座学の後、1/100の雛形を厚紙で作製。
午後は場所をJAXAからコスモハウスに移し、1/20模型の型紙を用いてダンボールに転写・部品の切り抜きを行った。
2日目は切り抜いたダンボールの部品をホットボンド・木工用ボンド等にて組み立てて、模型が完成。全員で記念写真を撮影した。
工程3・4日目は平日のため、市民大学受講者・角田市生涯学習係が製作を引き継ぎ、内部機器組立並びに塗装工程を担当。無事完成した。
完成したロケットは、7/2に行われる(仮称)学習棟オープニングセレモニーにて一般に披露される予定。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • かくだ分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    柄目 孝治
  • 結団日
    1988年6月5日
  • 主な活動地域
    ---
  • 主な活動施設
    角田市民センター
  • 主な活動日
    ---
  • PR
    ---
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    ---
  • 連絡先TEL
    ---
  • 連絡先FAX
    ---
  • 所属組織に
    支払う年会費
    ---