トップページ > 分団活動報告 > 大分テクノ分団 > 定期活動 なんでもサイエンス熟 弥生の土笛をつくろう

分団活動報告

大分テクノ分団
報告日:2017年05月23日

定期活動 なんでもサイエンス熟 弥生の土笛をつくろう

活動詳細

活動日・期間 2017年05月21日 13:00-16:00
活動場所 大分県 別速杵地区教育会館   日出町
参加者 総数:9名
 ・団員: 4名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 3名
 ・保護者・その他: 2名
参加層(活動対象) 小学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 1,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 科学一般(物理・化学・地学など) 、 人文科学・芸術(歴史・文化・法律・経済など) 、 自然・動物
活動内容 工作 、 座学・学習

活動の流れ

学習 下関市綾羅木郷遺跡より出土した不思議な土器の経過の説明
古代中国のケンに似た土笛と判定”弥生の土笛”と言われている。
・粘土をある一定温度以上焼くと水に溶けない物質(やきもの)になる。
・”やきもの”は人類が最初に作り出した人口材料であること。
・古代より、”やきもの”は生活を豊かにする文明の利器として発展してきたこと。

実習 楽焼用粘土で”弥生の土笛”の成型

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

☆大海惣右介さん  またしたいなと思いました。
☆大海一弘さん 初めての陶芸はとても難しかったのですが、よい経験になりま した。是非 笛をならせるようにしたいです。
☆清水陽夕さん  たのしかった。
☆越海翔太さん とうげいはやったことなかったのでやってよかった。
編集 阿部

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 大分テクノ分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    安東 三郎
  • 結団日
    2014年6月1日
  • 主な活動地域
    日出町、別府市、杵築市、国東市、他
  • 主な活動施設
    日出町 中央公民館 研修室
    別速杵地区 教育会館
  • 主な活動日
    第2日曜日または、第3日曜日
  • PR
    月例活動「なんでもサイエンス塾(モノづくり科学教室)」および、地域力を高める各種の市民活動を取組みます。
    ☆幼児~青少年の人は、宇宙教育を通して、未来を担う新時代の地球人をめざします。
    ☆成人の方は、宇宙教育を通して、まちを活性化する基盤を創造し、地域力を高めます。
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    なし、 
    どなたでも入団を歓迎します
  • 連絡先TEL
    0977-85-8720
  • 連絡先FAX
    0977-85-8730
  • 所属組織に
    支払う年会費
    ---