トップページ > 分団活動報告 > 香川小惑星分団 > かがわロケット甲子園

分団活動報告

香川小惑星分団
報告日:2017年07月24日

かがわロケット甲子園

活動詳細

活動日・期間 2017年07月22日 9:00~16:00
活動場所 香川県 丸亀市総合運動公園内陸上競技場
丸亀市内地図にて
参加者 総数:64名
 ・団員: 2名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 60名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 中学生 、 高校生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 150,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など)
活動内容 工作 、 体験・見学

活動の流れ

・水ロケットの1日でした。分団の関係者は中学生3名、高校生1名でした。
・暑い日中でしたが、北側が海でもあり、やや冷たい風が吹いて大助かり。
・風は比較的西よりだつたので、ロケット発射も西風に乗せて発射でした。
・午前中はスタンダード、午後はバルーン型のロケット制作でした。
・優勝は80mでした。気圧・水量を統一して行いました。
・ボランティアのリーダー18名が懸命に動いてくれました。
・怪我は軽い傷でしたが2名、熱中症はこまめに飲み物を飲んだので、0人。
・表彰を5名が受けました。
・宇宙少年団に加入すると言う家族は0でした。

活動の留意点・安全対策

・1,にも2,にも熱中症対策で日影・1時間おきに飲み物・帽子活用。
・マスコミで四国新聞が翌日の23日の7朝刊に、TVは中讃TVに取材される。

活動使用教材

スタンダードとバルーンの2種類制作し、感動する。
忙し過ぎて、カメラにならなかった。

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

リーダーの工夫で身の回りのものを工夫して、材料とした。


寄付金が当たって、その寄付金でこのイベントが実現した。15万円

参加者からの主な感想

飛んで、びっくりした。
シュワ-と、という音が心地よかった。
暑かったが楽しかった。
誰でもが優勝でkした。

活動に関する反省点・改善点

沢山ありすぎで、言う元気がない。岡内の内心。疲れました。

PHOTO

分団情報

  • 香川小惑星分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    岡内 尊重
  • 結団日
    2001年5月26日
  • 主な活動地域
    香川県
  • 主な活動施設
    29年4月からは大幅に変更しました。会場は3会場、時間は昼の例会2会場とも午後開催。星空観察は夜間例会です。今年は昨年と比して計画は単純です。しかし、新たなる混乱が出なければいいですが。



     香川青年センター・高松市民文化センターで開催してきました。最近は会場の都合上、「コープ栗林」や野外での開催が多いです。
  • 主な活動日
    日曜日の午後の例会・星は土曜夜開催
  • PR
    分団長が30年前に「国分寺いん石」のいん石を収集してから、この名前にしたので、常にいん石や小惑星について思い出してほしいという願いがあります。そして、機会あるごとに本物いん石を見せてくれます。また、小惑星と「はやぶさ2」は切っても切れない関係ですので、今後とも話題にしていきます。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    087-874-0820
  • 連絡先FAX
    087-874-0820
  • 所属組織に
    支払う年会費
    本部会費と別に分団会費が必要です。入団後にお話しします。