トップページ > 分団活動報告 > 分団サイエンスキッズみたか > ペットボトルロケットを飛ばそう

分団活動報告

分団サイエンスキッズみたか
報告日:2017年08月20日

ペットボトルロケットを飛ばそう

活動詳細

活動日・期間 2017年08月20日 13:45~16:30
活動場所 東京都 三鷹市立羽沢小学校
参加者 総数:76名
 ・団員: 27名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 8名
 ・指導員: 7名
 ・保護者・その他: 34名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 47,554円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など)
活動内容 工作 、 実験

活動の流れ

*恒例のリーダー、ロータリークラブ会員の紹介、分団代表(高橋リーダー)の挨拶を行う。
*続いて、本日の担当リーダー、武居氏を紹介して活動に入る。
*はじめに、ロケットに関する若干のお話をして、ロケット作りに入る。
*ロケットの工作では、武居リーダーから工作ステップを順次説明し、各グループを担当するリーダーが個別に団員をフォローして製品完成を目指した。
*ロケットの完成までに団員によって遅速があったので、完成した団員から順次発射体験を行った。
*ロケットの発射にあたっては、団員が個別にロケットのバランス、注入する水の量等の工夫、ロケット着地後に破損した個所の修理などを行い、何回か飛ばし、どうしたら美しく、高く、遠くまで飛ぶかを追求した。
*最後に、9月度活動の紹介を行い、感想文を作成して全活動を終了した。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

<分団が準備した教材>
*ノーズコーン、フィン、粘土などの部品セット
*ブルーシート、工作用下敷きなど会場用具
*コンパネ、ランチャー、ポンプ、ポリタン、ハンドマイク等の発射場用具
<団員が持参した教材>
*はさみ、カッター、ものさし、油性マジックインク

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

*水を3分の1よりもすくなくしたらよくとんだのがわかってうれしかった。
*今日はロケットを作ったり、とばしたりするのが楽しかったです。
*ペットボトルロケットがうまくとばないこともありましたが、そのあともう一回やってみたらうまくとんで、うれしかったです。
*あたまのおもさがよくて、水のりょうもいいりょうでした。よくとばせました。とくにさいごがすごくよくとばせました。
*今日の活動で作ったペットボトルロケットを、私は屋上に飛ばしてしまったのですが、、とても良い思い出になりました。水は、初めは多めにしたので、あまり飛びませんでしたが、二回目には少なめにしたので、よく飛びました。そんな細かな工夫に気付けて、今回の実験は大成功だと思います。
*ロケットを高く遠くに飛ばすには、工夫が必要だった。
*はじめてペットボトルロケットを飛ばしたので、「すごく飛ぶんだな」とおもった。
*ロケット、けっこうこしょうしたけどよくとんでよかった。つくったときはすごくたいへんだったけど、かっこよくできてよかった。とんでるときは、ロケットはほんものだとかんじた。
*今日は飛んだり飛ばなかったりして、一回おく上に行って、だから来年はもっと工夫してもっと飛ぶようにしたいです。
*久しぶりのペットボトルロケットだったけど、やはり迫力があって、遠くまでとばせたのでよかったです。さきがこわれちゃったり、つばさがはずれたりたのも、一つのけいけんかなと思っています。
*とても楽しかったです。ぺットボトルロケットは、思ったよりいきおいよく、遠くまでとんだのでまんぞくです。家でも発しゃだいを自作してとばしたいです。
*作るのは少しむずかしかったけど、飛ばした時は、3回目にとてもよく飛んだのでよかったです。
*ロケットの先のおもりと、とばすときの水のりょうで、とびかたがちがうのがよくわかりました。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 分団サイエンスキッズみたか
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    唐崎 健嗣
  • 結団日
    2001年4月7日
  • 主な活動地域
    三鷹市
  • 主な活動施設
    三鷹市公会堂
  • 主な活動日
    ---
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    090-2432-8049
  • 連絡先FAX
    042-597-4385
  • 所属組織に
    支払う年会費
    年間2400円(途中退団の場合は、返金なし。途中入団の場合、月割制度あり)