トップページ > 分団活動報告 > 香川小惑星分団 > 地球のでき方・恐竜時代

分団活動報告

香川小惑星分団
報告日:2017年08月07日

地球のでき方・恐竜時代

活動詳細

活動日・期間 2017年08月06日 13:30~17時前・県青年センター
活動場所 香川県 香川県青年センター
香川県高松市国分寺町国分1009
参加者 総数:6名
 ・団員: 2名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 2名
参加層(活動対象) 小学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 2,500円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙科学・天体 、 自然・動物
活動内容 座学・学習

活動の流れ

・夏休み中の例会活動は例年変動幅が大で、変更もよくある。
・今回は参加者が初参加に近い団員だったので、その雰囲気・既体験をも考える
・大変な猛暑の中、冷房部屋の借用で快適に活動ができた。
・計画外の急な変更で実施。
・親子家族で急に同伴いただく結果となる。馴れれば団員のみでOKです。
・ロケット作りも ①空力中心 ②作用・反作用 で一貫して活動。この用語
 が今後。次回、将来ともキーポイントとなる、ことがわかるでしょう。
・急な変更でしたが、工夫次第で、工夫すればどうにかなる。工夫体験でした。

活動の留意点・安全対策

・2点、①空力中心 ②作用・反作用  とい・う中学生以上の用語を生に馴れて。
・紙で・ペーパーで、筒にすることで、前が重くなると、飛ぶという体験。
・プラのような、ふわふわ材料での工夫で、ビニールテープの重りで工夫
・トイレットペーパー・ごむなどの身の周りの材料で、 ① ②の体験を工夫する。
・はさみ忘れ、貸し借りでの礼儀作法の体験
・親子で作る雰囲気と親を避ける雰囲気が絶妙に感じられた。
・今日作成した作品や体験が今後、どう、影響していくのだろうか

活動使用教材

ロケット制作・葉っぱ-の飛翔の応用編を実行。

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

紙・ふわふわ包装紙などでの材料。重りのための工夫 こうした工夫体験で
飛ぶ。ことへの気づきが、今後の活動に役立つことでしょう。また、毎回繰り返す
リーダーのことば、宇宙用語となっていきます。

参加者からの主な感想

・ひらひらうまくとぶなー
・紙を丸い筒にしていくとロケットになるんだ
・葉っぱ-のようにひらひらと飛ぶ材料があるんだ
・重りにぜむピンや短いテープで出来るんだ 不思議
・トイレットぺーぱーででもロケットが出来るんだ
・親子で久しぶりに作るのも落ち着いていい雰囲気
・リーダー夫婦もいろいろ材料を急にでも対応出来るんだ

活動に関する反省点・改善点

・事前登録いただけているので、当日のテーマ変更でも対応できた。
・今回親子で取り組む家庭も団員がいきいきしていた。不安がなくなる。
・テーマの変更など、急な対応にも対応できた、という小回りが武器。
・参加人数の問題は過去にはあったが会費徴収制の改善で心配なくなる。

PHOTO

分団情報

  • 香川小惑星分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    岡内 尊重
  • 結団日
    2001年5月26日
  • 主な活動地域
    香川県
  • 主な活動施設
    29年4月からは大幅に変更しました。会場は3会場、時間は昼の例会2会場とも午後開催。星空観察は夜間例会です。今年は昨年と比して計画は単純です。しかし、新たなる混乱が出なければいいですが。



     香川青年センター・高松市民文化センターで開催してきました。最近は会場の都合上、「コープ栗林」や野外での開催が多いです。
  • 主な活動日
    日曜日の午後の例会・星は土曜夜開催
  • PR
    分団長が30年前に「国分寺いん石」のいん石を収集してから、この名前にしたので、常にいん石や小惑星について思い出してほしいという願いがあります。そして、機会あるごとに本物いん石を見せてくれます。また、小惑星と「はやぶさ2」は切っても切れない関係ですので、今後とも話題にしていきます。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    087-874-0820
  • 連絡先FAX
    087-874-0820
  • 所属組織に
    支払う年会費
    本部会費と別に分団会費が必要です。入団後にお話しします。