トップページ > 分団活動報告 > 広島分団 > 第15回 広島星まつり

分団活動報告

広島分団
報告日:2017年08月27日

第15回 広島星まつり

活動詳細

活動日・期間 2017年08月26日 18-21
活動場所 広島県 東広島市 道の駅福富
参加者 総数:52名
 ・団員: 1名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 1名
 ・保護者・その他: 50名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 中学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 24,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙科学・天体
活動内容 講演 、 観察・観測

活動の流れ

16時スタッフ集合、会場設営
17:30参加受付開始
18時 手作り天体望遠鏡工作教室(事前申し込み)
18:50 終了、片付け
19時 観山正見先生の天文講演会
    中岡先生の 今夜の星空
    お楽しみ抽選会
20時 天体観望会、天体望遠鏡体験会 (協力:広島天文協会)
21:30解散

今年は20時頃は月が見えるくらいでしたが、次第に空の条件が良くなり、
土星もバッチリきれいに見えました。アルビレオなど、きれいな星も見ましたね。
21時頃からは 天の川もしっかりきれいに見えました。

活動の留意点・安全対策

保護者同伴。虫よけ、寝転がるシート、ライト。

活動使用教材

10分でできる天体望遠鏡 星の手帖社。
パソコン mitaka、プロジェクター・スクリーン、マイク・アンプ。

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

キットは星の手帖社。
講演会のソフトはmitaka

参加者からの主な感想

手作り天体望遠鏡では、使いこなすのが難しい。三脚が必要。
土星がとてもきれいに見えて感動しました。
アルビレオの色はとてもきれいでした。
最後頃は天の川が見えました。
自由につかっていい「日本宇宙少年団広島分団の望遠鏡」を 本当に自由に使っていただき、満足していただきました。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 広島分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    高橋 浩一
  • 結団日
    1988年9月18日
  • 主な活動地域
    広島市
  • 主な活動施設
    吉島公民館
  • 主な活動日
    月1回
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    ---
  • 連絡先FAX
    ---
  • 所属組織に
    支払う年会費
    0円