トップページ > 分団活動報告 > 和歌山分団 > 簡易真空(減圧)ポンプを作ろう

分団活動報告

和歌山分団
報告日:2017年11月11日

簡易真空(減圧)ポンプを作ろう

活動詳細

活動日・期間 2017年11月11日 9:30-11:00
活動場所 和歌山県 サンケイ寄合橋ビル2階(和歌山市湊本町1丁目23番地)
参加者 総数:10名
 ・団員: 9名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 1名
 ・保護者・その他: 0名
参加層(活動対象) 小学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 960円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 科学一般(物理・化学・地学など) 、 宇宙科学・天体
活動内容 工作 、 実験 、 観察・観測

活動の流れ

9:15~受付
9:30~活動開始
注射器を使って真空実験を行いました。
①注射器に小さな穴を開け、その穴にビニールテープを張る。
②プラスチック容器の中に空気の少ない風船を入れ、フタを締めて密閉する。
③プラスチック容器と注射器をビニールホースで接続し、プラスチック容器の空気を注射器を使って抜いていくと、風船が膨らんでいく。
④次にマシュマロを入れて実験するとマシュマロが膨らんできた。
⑤ビニール袋に入ったお菓子を入れると、ビニール袋が膨らんできた。
真空状態になるとこのようなことがおきるかを学んだ。
最後に集合写真を取り、市川先生にお礼を伝え、終了した。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

真空状態になれば風船もマシュマロも膨らむことに感動していた。

活動に関する反省点・改善点

分団員の保護者(父)が勝手に真空実験をしたさい、大人の力で行うとプラスチック容器が爆発した。けが人はなかったものの、プラスチック破片が飛び、あわや事故につながりかけた。
今後、このようなことが無い様、注意する。
子供の力と大人の力は全く違う事を把握し、勝手なことをやらない様にする。

PHOTO

分団情報

  • 和歌山分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    西田 弘
  • 結団日
    2009年8月1日
  • 主な活動地域
    和歌山市内
  • 主な活動施設
    和歌山リビング新聞社 会議室
    和歌山大学宇宙教育研究所
    和歌山大学生涯学習センター
    その他
  • 主な活動日
    基本的に土曜日(変更あり)
  • PR
    和歌山分団では和歌山大学宇宙教育研究所・JAXAスペースティーチャーズ和歌山と連携協力し、宇宙・科学工作・実験・自然観察・天体観測・ボランティア活動に至るまで、あらゆる事に月1回活動を予定しています。
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    入団月は毎年4月になります。
    (年度途中の入団は受け付けておりません。)
    小学校4年~6年まで
  • 連絡先TEL
    073-428-0281
  • 連絡先FAX
    073-428-3421
  • 所属組織に
    支払う年会費
    なし