トップページ > 分団活動報告 > 焼津分団 > プラネタリウム鑑賞

分団活動報告

焼津分団
報告日:2017年11月08日

プラネタリウム鑑賞

活動詳細

活動日・期間 2017年10月22日 14:30-16:30
活動場所 静岡県 ディスカバリーパーク焼津天文科学館
http://www.discoverypark.jp
参加者 総数:19名
 ・団員: 10名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 3名
 ・保護者・その他: 6名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 200円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 宇宙飛行士・宇宙での生活 、 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など)
活動内容 調査・分析 、 座学・学習 、 体験・見学

活動の流れ

14:00~14:30 受付・集合
14:30~
☆平濱副分団長あいさつ
☆松永リーダーによる「プラネタリウム番組の見どころ」紹介
15:00~15:45
☆プラネタリウム番組
「すごいぞ!びっくり!ロシアの宇宙開発」観覧
16:00~
☆ひとこと感想
☆松永リーダーによる「ロシアの宇宙開発」解説
16:30 まとめ・終了

活動の留意点・安全対策

マナーを守って見学すること

活動使用教材

☆プラネタリウム番組「ロシアの宇宙開発」
☆You Tubeで公開されているロシア宇宙庁「ロシアの宇宙開発」の映像
☆2013年若田宇宙飛行士/バイコヌール宇宙基地打ち上げ見学ツアースライド(平濱副分団長撮影)

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

☆これまでに打ち上げられたロケットが約5,400台もあり、びっくり!した。
☆ソユーズ宇宙船が1基だけでなく、2基もISSについていて、びっくり!した。
☆バイコヌール市内に「宇宙学校」があることを知って、びっくり!した。
☆ソユーズ宇宙船が無重力圏に入ったことが、吊るしてあった「ぬいぐるみ」でわかることに、びっくり!した。

活動に関する反省点・改善点

第3回YAC焼津分団の活動はいかがでしたか?
こまれであまり知られていなかった「ロシアの宇宙開発」について、写真や映像を通して紹介しました。プラネタリウム番組のタイトルどおり、すごいぞ!びっくり!でしたね。

次回11月の活動は「コハクを磨こう」です。コハクって何?コハクの中にある物体は?コハクのヒミツとミリョクに迫ります!

PHOTO

分団情報

  • 焼津分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    小長谷 宏二
  • 結団日
    2017年7月17日
  • 主な活動地域
    焼津市
  • 主な活動施設
    ディスカバリーパーク焼津天文科学館
  • 主な活動日
    --
  • PR
    --
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    --
  • 連絡先TEL
    054-625-0800
  • 連絡先FAX
    054-625-1997
  • 所属組織に
    支払う年会費
    --