トップページ > 分団活動報告 > 館林分団 > 2月例会:電子工作と凧揚げ

分団活動報告

館林分団
報告日:2018年03月03日

2月例会:電子工作と凧揚げ

活動詳細

活動日・期間 2018年02月25日 9:00-12:00
活動場所 群馬県 向井千秋記念子ども科学館
参加者 総数:26名
 ・団員: 11名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 3名
 ・保護者・その他: 12名
参加層(活動対象) 小学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 10,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など)
活動内容 工作 、 実験

活動の流れ

9:00集合
座学(宇宙線・素粒子でピラミッドの謎に迫る)
9:30電子工作 光センサーとマルチバイブレータ
11:00凧作り、凧揚げ
12:10終了
休憩
13:00プログラミングの2回目
スクラッチでネコ逃げゲーム
14:00終了

活動の留意点・安全対策

・電子工作はショートに注意、部品の扱い方
・凧揚げでは、凧が木に引っ掛からないように注意する

活動使用教材

○電子工作:ブレッドボード、LED、トランジスタ、CDS、抵抗各種、電解コンデンサ
○凧揚げ:連凧キットの凧を使用、空撮用小型カメラ
○プログラミング:ラズベリーパイ、市販のテキスト

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

・CDSを光センサーに使って、暗くなると点灯する回路を作る。
・同じ、ブレッドボード上に、マルチバイブレータも一緒に組めるようにした。
マルチメーターで、実際にCDSの抵抗値を測定し、明るさで抵抗値が変わる事を確認、暗くなって抵抗が大きくなると、LEDが点滅する回路の仕組みを簡単に説明。

参加者からの主な感想

・光センサーが不思議だった、暗くなるとLEDが点くのが面白い。
・(マルチバイブレータは)LEDがピカピカ光ってきれいだった。
・風が弱かったけど、凧が良く上がって楽しかった。
・凧が木に引っ掛かったけれど、取れて良かった。
・プログラミングが面白い。

活動に関する反省点・改善点

・先月の例会で出来なかった凧揚げが出来て良かった。
・インフルエンザなどで、参加できない団員が居て残念だった。
・電子工作は一見接続が合っているように見えても、しっかり差し込まれていない
事があるので、良く確認する事が必要。光センサー回路は全員が完成、マルチバイブレータもほぼ全員が完成した。次回は、サウンドフラッシュ回路、新しいブレッドボードを用意して、作品として残せるようにする。
・プログラミングは市販のテキストに沿って少しずつ進めている。
・盛りだくさんで準備が大変だが、限られた回数で色々な事を行っている。

PHOTO

分団情報

  • 館林分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    増田 隆志
  • 結団日
    1988年11月6日
  • 主な活動地域
    館林市
  • 主な活動施設
    向井千秋記念子ども科学館
  • 主な活動日
    毎月第4日曜日
  • PR
    ---
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    2017年度より、小学生以上となりました。
  • 連絡先TEL
    0276-75-1515
  • 連絡先FAX
    0276-75-1433
  • 所属組織に
    支払う年会費
    年間4,000円を、半期毎に集金、体験は500円/1回