トップページ > 分団活動報告 > 香川小惑星分団 > 南極ってどんなところ

分団活動報告

香川小惑星分団
報告日:2018年08月28日

南極ってどんなところ

活動詳細

活動日・期間 2018年08月26日 13:30~17:00
活動場所 香川県 香川県青年センター
高松市国分寺町国分1009
参加者 総数:7名
 ・団員: 2名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 3名
参加層(活動対象) 小学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 1,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 自然・動物 、 環境
活動内容 座学・学習

活動の流れ

・南極を今、なぜ なの???
・リーダーの意図が誰が、いつ
・子どもには難しいのでは??
・誰もが、いつでも行けないところが?

活動の留意点・安全対策

・年齢差・学年差をどうつたえるの?
・ここ当分座学になります。
・かならずや、ビックリ、なるほど、地球とは
・地球の歴史が分かってくるよ、それが宇宙かも。

活動使用教材

・南極探検の写真
・南極探検に関する資料
・地球大移動説とペンギン
・地球の北極
・極地の日の出

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

・全て次長とリーダーの南極探検資料
・南極が出来た歴史・地理・地誌
・連動して、北極にも
・オーロラの出現
。むずかしそう
・別段、今回も違和感ないよ

参加者からの主な感想

・ペンギンばっかり
・南極が大きく移動したの
・その時にペンギンだけが大陸に乗っていたの、、不思議
・ペンギンさんの住みかが山のてっぺんとは
・フンの話しが面白かった
・子どもがとられるんだって
・いろいろあるんだな ~

活動に関する反省点・改善点

・西坂ご一家が新に入団しただき、一家で真剣に学んでくれました。
・船越親子がコンサートの帰りに立ち寄り頂きました。
・初めての小規模例会に驚いた。

PHOTO

分団情報

  • 香川小惑星分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    岡内 尊重
  • 結団日
    2001年5月26日
  • 主な活動地域
    香川県
  • 主な活動施設
    歴史的には香川青年センター・高松市民文化センター・高専香川の高松キャンパスで開催してきました。最近は会場の都合上、「コープ栗林」や鶴尾神社境内での星空観察の開催が多いです。
  • 主な活動日
    日曜日の午後の例会・星は土曜夜開催
  • PR
    分団長が32年前に「国分寺いん石」のいん石を収集してから、この名前にしたので、常にいん石や小惑星について思い出してほしいという願いがあります。そして、機会あるごとに本物いん石を見せてくれます。また、小惑星と「はやぶさ2」は切っても切れない関係ですので、今後とも話題にしていきます。この夏は「はやぶさ2」が小惑星
    「リュウグウ」に最接近し、いよいよ着陸体制です。毎日TVでのニュースになるでしょう。国分寺いん石もこの「リュウグウ」の近くの小惑星からスタートしてきました。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    087-874-0820
  • 連絡先FAX
    087-874-0820
  • 所属組織に
    支払う年会費
    本部会費と別に分団会費が必要です。入団後にお話しします。