トップページ > 分団活動報告 > 館林分団 > 館林・前橋分団合同水ロケット記録会

分団活動報告

館林分団
報告日:2018年09月24日

館林・前橋分団合同水ロケット記録会

活動詳細

活動日・期間 2018年09月24日 9:00-12:30
活動場所 群馬県 向井千秋記念子ども科学館
参加者 総数:19名
 ・団員: 5名
 ・他分団員・本部所属団員: 5名
 ・体験入団者: 1名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 6名
参加層(活動対象) 小学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 15,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など)
活動内容 工作 、 実験 、 交流

活動の流れ

9:30 集合
・最新の宇宙ニュースとして、「はやぶさ2」と「こうのとり7号」の話をする。
・水ロケットの無い人(初めて)は、ロケットの製作を行う。
・H2A、40号機の応援メッセージボードを作る
11:00 広場に移動
・水ロケットの発射(2回から4回)を行い、飛距離を計測する。
・H2A、40号機の応援の写真撮影
12:30 工作室に戻って、結果公表、終了
(プログラミングチーム、第2班にラズパイを配布と簡単な説明)

活動の留意点・安全対策

・水ロケット発射の際、ゴーグル着用
・加圧中は、発射ラインより前に出ない
・前のロケットが回収されてから次の準備を行う。
・発射角度と向き、水の量は自由、加圧の確認はリーダーが行う

活動使用教材

・水ロケット、ランチャーなど一式
・レーザー距離計とトランシーバー(2台)

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

・レーザー距離計とトランシーバーで、計測と記録を2名で行う効率化しています。但し、レーザー距離計の精度は、メートル単位までなので、同じ距離になる事があるので、順番をつける時は複数回の平均を取るなどが必要になる。
計測係りのリーダーさん、ご苦労さまでした。

参加者からの主な感想

・結果 109m、105m、102m、102m、100m、99mと、約半数は100メートルを超える距離を飛ばす事が出来た。
・楽しかった。
・H2Aロケットの打ち上げがかっこ良かった。
・他の分団との交流が出来て良かった。

活動に関する反省点・改善点

・来年は全員が100メートルを超える様に、ロケットを改造する。
・ロケットが木に引っ掛かってしまい、長い棒でとる事が出来た。
・真夏は暑すぎて屋外の活動は危険なので、来年は、初めから真夏を避けて予定したい。

PHOTO

分団情報

  • 館林分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    増田 隆志
  • 結団日
    1988年11月6日
  • 主な活動地域
    館林市
  • 主な活動施設
    向井千秋記念子ども科学館
  • 主な活動日
    毎月第4日曜日
  • PR
    ---
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    2017年度より、小学生以上となりました。
  • 連絡先TEL
    0276-75-1515
  • 連絡先FAX
    0276-75-1433
  • 所属組織に
    支払う年会費
    年間4,000円を、半期毎に集金、体験は500円/1回