トップページ > 分団活動報告 > 未来MM分団 > 10月定例会 水ロケットを作って飛ばそう!

分団活動報告

未来MM分団
報告日:2018年12月08日

10月定例会 水ロケットを作って飛ばそう!

活動詳細

活動日・期間 2018年10月14日 10:00-15:00
活動場所 東京都 国立天文台 三鷹キャンパス
参加者 総数:71名
 ・団員: 35名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 9名
 ・保護者・その他: 27名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 高校生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など)
活動内容 工作

活動の流れ

ベガは500mLペットボトルで、保護者と一緒に作って、一人2回ずつ打ち上げた。
スピカは1500mLペットボトルで、団員同士バディーを組んで協力しながら作り、一人2回ずつ打ち上げた。
カペラ・リゲルのビニールバットロケットは、ペットボトルの間にビニールの野球のバットを膨らませてはさむと、わずかだが滞空時間が稼げる。そこに今回はマイクロカメラを搭載してみた。カメラの搭載方法は、松山団員自身が考え、設計し、工夫をして自宅で完成したものだ。当日は、その作り方を団員のみんなに指導してくれた。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

打ち上げ後、撮った映像をゆっくり見る暇がなかったので、今後は会場をもっと長く借りておく必要がある。

PHOTO

分団情報

  • 未来MM分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    浦野 須磨子
  • 結団日
    2007年2月17日
  • 主な活動地域
    首都圏全域
  • 主な活動施設
    江東区文化センター 
    大田区公共施設
  • 主な活動日
    第2日曜日
  • PR
    謎や不思議がいっぱいの宇宙 生命に満ちた地球の自然 人類の築いてきた科学とその歴史にも視野を広げ心の豊かな青少年の育成に力を注いでいます
    学校では習えない宇宙 地球 科学を楽しく学ぼう!体験しよう!

    分団員を年齢 学年別の部門に分けて 各部門リーダーのもとでそれぞれの年齢にあった活動を行います
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    小学校1年生以上高校3年生まで
  • 連絡先TEL
    03-3756-7104
  • 連絡先FAX
    ---
  • 所属組織に
    支払う年会費
    14000円、兄弟2人目から12000円