トップページ > 分団活動報告 > 香川小惑星分団 > ノーベル物理学賞発表

分団活動報告

香川小惑星分団
報告日:2018年10月03日

ノーベル物理学賞発表

活動詳細

活動日・期間 2018年10月02日 19:00~19:30
活動場所 香川県 分団長宅
香川県高松市国分寺町国分14
参加者 総数:17名
 ・団員: 0名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 15名
参加層(活動対象) 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 500円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙科学・天体
活動内容 ノーベル賞発表待ち

活動の流れ

昨夜はノーベル物理学賞の発表がありました。宇宙少年団の顧問の先生、佐藤勝彦先生の受賞は残念でしたが、見送りとなりました。リーダーは長年受賞を待望し、応援してきました。ネットで検索すると、結構、受賞者候補者の分析がなされているのですね。

活動の留意点・安全対策

今年は物理の世界でも光分野だったようで、宇宙は昨年だったようです。対象・分野があるようで、先生の分野は宇宙分野なので、今年は対象外となっていたのでした。その順番が来るには、向こう数年はスタンバイとなるということのようです。

活動使用教材

応援団結成を夢見、活動した来たリーダーは昨夜、坂出市内で15名の応援指示者が集い、見守りました。いろいろ懇親を深めたり、来年のこの日を待つ期待感で盛り上がりました。マスコミも来ていましたが、残念賞で報道にはなり得ませんでした。

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

このメール閲覧のかた方もニュースに関心お持ちいただきありがとうございました。来年乞うご期待でお願いします。興味と関心をもち続けて欲しいです。

参加者からの主な感想

参会いただいたかたがたは坂出市内の大人中心でしたので、今年も残念、来年を待つしか、の声ばかりでした。
しかし、初めてこうした会が結成できたことは意義が大きいという声でした。
分団の関係でも今後ともチャレンジの予定です。

活動に関する反省点・改善点

応援団結成で、県民・坂出市民・分団仲間での応援団結成にご理解いただければありがたい。受賞を県民あげて喜べる日が近づきつつあることは確です。
写真はありません。

PHOTO

分団情報

  • 香川小惑星分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    岡内 尊重
  • 結団日
    2001年5月26日
  • 主な活動地域
    香川県
  • 主な活動施設
    歴史的には香川青年センター・高松市民文化センター・高専香川の高松キャンパスで開催してきました。最近は会場の都合上、「コープ栗林」や鶴尾神社境内での星空観察の開催が多いです。
  • 主な活動日
    日曜日の午後の例会・星は土曜夜開催
  • PR
    分団長が32年前に「国分寺いん石」のいん石を収集してから、この名前にしたので、常にいん石や小惑星について思い出してほしいという願いがあります。そして、機会あるごとに本物いん石を見せてくれます。また、小惑星と「はやぶさ2」は切っても切れない関係ですので、今後とも話題にしていきます。この夏は「はやぶさ2」が小惑星
    「リュウグウ」に最接近し、いよいよ着陸体制です。毎日TVでのニュースになるでしょう。国分寺いん石もこの「リュウグウ」の近くの小惑星からスタートしてきました。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    087-874-0820
  • 連絡先FAX
    087-874-0820
  • 所属組織に
    支払う年会費
    本部会費と別に分団会費が必要です。入団後にお話しします。