トップページ > 分団活動報告 > 大分テクノ分団 > 定期活動なんでもサイエンス塾 水ロケット

分団活動報告

大分テクノ分団
報告日:2020年10月04日

定期活動なんでもサイエンス塾 水ロケット

活動詳細

活動日・期間 2020年10月04日 13:00~15:00
活動場所 大分県 日出町保健福祉センター
参加者 総数:21名
 ・団員: 4名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 9名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 6名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 3,300円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 科学一般(物理・化学・地学など)
活動内容 工作 、 実験 、 講演

活動の流れ

今日は水ロケットの製作です。1.5ℓの炭酸用のペットボトル2~3本を使い、カッターナイフでペットボトルを切り、ビニールテープで留めて行きました。羽根を付け、筒の上にとんがり帽子を付けたら完成です。水を適量入れて(この量で飛ぶ距離や角度が変わります)自転車の空気入れに10回空気を押し込みました。カウントダウンのあとボタンを押して発射しました。みんな思ったよりは飛んだ、それぞれの飛び方があっていいと言っていました。2月以来の開催。明るい笑顔が戻って来ました。

活動の留意点・安全対策

カッターナイフで手を切らないよう注意を

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

児童生徒感想:かじ そうたろうさん
 こんなにとぶなんて思わなかったのでおどろいた。
保護者感想:楫 直也さん
 よく飛んでよかったです。
児童生徒感想:つくもさん
 回転しながらよくとんでうれしかったです。
保護者感想:ジェミニさん
 とても喜んで作っていました。羽根のつけ方も工夫していたみたいです。回転しながらよく飛んでいました。
児童生徒感想:河野 伊吹さん
 テレビがきててちょっときんちょうした。むずかしかったのは、はねをきるのにじかんがかかった。
保護者感想:河野 公崇さん
 水ロケットの水が多いと重たくて、距離が出にくいことがわかりました。距離を出る方法を当てる楽しみがありそうです。
児童生徒感想:大海 芽生子さん
 思ったよりかとんでとおくにとんだのがよかったです。またとばしたいです。
保護者感想:大海咲子さん
 思ったよりも簡単に出来たので良かった。各々飛び方に個性があり面白かった。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 大分テクノ分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    森岡 勝彦
  • 結団日
    2014年6月1日
  • 主な活動地域
    日出町、別府市、杵築市、国東市、他
  • 主な活動施設
    別速杵地区 教育会館
  • 主な活動日
    第2日曜日または、第3日曜日
  • PR
    月例活動「なんでもサイエンス塾(モノづくり科学教室)」および、地域力を高める各種の市民活動を取組みます。
    ☆幼児~青少年の人は、宇宙教育を通して、未来を担う新時代の地球人をめざします。
    ☆成人の方は、宇宙教育を通して、まちを活性化する基盤を創造し、地域力を高めます。
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    なし、 
    どなたでも入団を歓迎します
  • 連絡先TEL
    090-5383-5972
  • 連絡先FAX
    ---
  • 所属組織に
    支払う年会費
    ---