トップページ > 分団活動報告 > 水沢Z分団 > 第5回定例活動「光合成を目で見る」

分団活動報告

水沢Z分団
報告日:2020年10月16日

第5回定例活動「光合成を目で見る」

活動詳細

活動日・期間 2020年09月27日 9:45-11:15
活動場所 岩手県 奥州市水沢南地区センター
参加者 総数:58名
 ・団員: 26名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 5名
 ・保護者・その他: 27名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 高校生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 科学一般(物理・化学・地学など)
活動内容 実験 、 交流 、 座学・学習

活動の流れ

 はじめに三戸猛雄リーダーより光合成や葉緑素(クロロフィル)などについて団員へ問いかけをしながら説明がありました。今回の実験ではどんなことが起こるのか、団員は興味津々で説明や実験の手順を聞いていました。
 まずは、クロロフィル抽出液を作りました。葉っぱを細かくちぎって500㎖ペットボトルに入れ、葉っぱが浸るくらいにエタノールを加えた後、蓋をして緑色の液体になるまでシェイクしました。クロロフィルを多く抽出できるように団員たちは葉っぱをできるだけ細かくちぎり、頑張ってシェイクしていました。液体が緑色になったらコーヒーフィルターでろ過して葉っぱを綺麗に取り除き、クロロフィル抽出液は完成。完成した液体にブラックライトを当て、赤色の光を確認しました。
 団員たちからは「緑色の水がブラックライトを当てると赤く光るのが不思議でした」「光合成をしない植物もいると知ってびっくりした」「植物も人間と同じように炭水化物を作って成長することが分かった」などの感想がありました。
 今回の実験では緑色の色素である葉緑素が吸収した光エネルギーを光合成に利用するが、光合成に使いきれずに余ったエネルギーは赤色の光として捨てられることなどを学びました。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 水沢Z分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    亀谷 收
  • 結団日
    1993年7月17日
  • 主な活動地域
    奥州市
  • 主な活動施設
    国立天文台水沢VLBI観測所

    奥州宇宙遊学館
  • 主な活動日
    ---
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    0197-24-2111
    内線番号1468 高橋 弓
    直通電話0197-34-1578
  • 連絡先FAX
    0197-22-2533
  • 所属組織に
    支払う年会費
    1000円