トップページ > 分団活動報告 > 水沢Z分団 > 第6回定例活動「土の中の生き物に詳しくなろう」

分団活動報告

水沢Z分団
報告日:2020年10月23日

第6回定例活動「土の中の生き物に詳しくなろう」

活動詳細

活動日・期間 2020年10月11日 9:45-11:20
活動場所 岩手県 奥州市水沢地区センター
参加者 総数:54名
 ・団員: 26名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 6名
 ・保護者・その他: 22名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 高校生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 自然・動物
活動内容 交流 、 観察・観測 、 座学・学習

活動の流れ

 はじめに大島千春リーダーより、今回の活動発案者で団員でもある大島雅晴さん(高2)の紹介と今日の活動についてお話がありました。大島雅晴さんは学校でダニの研究をするくらい大好きな虫について「皆さんにも知って好きになってもらいたい!」と、土の中に住んでいる小さな生き物の特徴や習性について、クイズをだしながら楽しく解説してくれました。団員たちは知っている虫の名前が出てくると元気に手をあげてクイズに答え、初めて知る虫についても興味を示し熱心に説明を聞いていました。
 いよいよ各自での土の観察を始めると、団員たちは使い捨て手袋をはめ、ピンセットやルーペを使いながら土の中で動いている生き物を見つけだし、紙コップに採取していきました。配布していた虫の種別表で見つけた生き物の名前を確認し、虫の名前が書いてあるビンゴカードに○印を付けていきました。はじめは土を触るのも嫌がっていた団員も、生き物を見つけ出すとだんだん夢中になり、最後にはたくさんの虫を探し出してルーペや顕微鏡で観察していました。
 最後に、一人一人からビンゴできた数や見つけた虫の名前、感想などを発表してもらいました。団員からは「カニムシが見つかって良かった」「最初はちょっと怖かったけど見つけたら楽しかった」「毒のないダニもいると知りました」などの感想がありました。
今回の活動では土の中には様々な小さな生き物がいることを観察しながら学びました。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 水沢Z分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    亀谷 收
  • 結団日
    1993年7月17日
  • 主な活動地域
    奥州市
  • 主な活動施設
    国立天文台水沢VLBI観測所

    奥州宇宙遊学館
  • 主な活動日
    ---
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    0197-24-2111
    内線番号1468 高橋 弓
    直通電話0197-34-1578
  • 連絡先FAX
    0197-22-2533
  • 所属組織に
    支払う年会費
    1000円