トップページ > 分団活動報告 > 水沢Z分団 > 特別活動「星空観望会」

分団活動報告

水沢Z分団
報告日:2020年12月02日

特別活動「星空観望会」

活動詳細

活動日・期間 2020年11月14日 19:15-20:30
活動場所 岩手県 国立天文台水沢VLBI観測所 VERA観測棟前
参加者 総数:54名
 ・団員: 24名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 5名
 ・保護者・その他: 25名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 高校生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙科学・天体
活動内容 交流 、 観察・観測 、 座学・学習

活動の流れ

 新型コロナウイルス感染症対策のため受付時に手の消毒、検温をして活動を行いました。
 今回は特別活動として奥州宇宙遊学館開催の「星空観望会」へ一部参加し、用意された5台の望遠鏡へ順番に並び、火星、土星、プレアデス星団、アンドロメダ銀河、リング星雲などを観望させてもらいました。望遠鏡を覗く際には直接触れれることがないように配布した透明フィルムをかざして観望しました。
 その後、国立天文台水沢VLBI観測所VERA観測棟前へ移動し、家族ごとにレジャーシートを敷いてソーシャルディスタンスを保ちながら様々な星について学びました。
亀谷收リーダーは、国立天文台が開発したソフトMITAKAで表示された星々を壁に投影しました。夏の大三角、秋の四辺形、アンドロメダ銀河、プレアデス星団などを観望できる方角をレーザーポインターで示しながら、アンドロメダ銀河が我々の銀河に近づいており、40~50億年後にぶつかると予測されていることなどを説明してくれました。団員たちは双眼鏡や望遠鏡を使って説明された星を確認していました。団員からは「初めてアンドロメダ銀河を見ることができ、良かった」「星の色や形が、天気が良かったから良く分かった」などの感想がありました。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 水沢Z分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    亀谷 收
  • 結団日
    1993年7月17日
  • 主な活動地域
    奥州市
  • 主な活動施設
    国立天文台水沢VLBI観測所

    奥州宇宙遊学館
  • 主な活動日
    ---
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    0197-24-2111
    内線番号1468 高橋 弓
    直通電話0197-34-1578
  • 連絡先FAX
    0197-22-2533
  • 所属組織に
    支払う年会費
    1000円