トップページ > 分団活動報告 > 水沢Z分団 > 第10回定例活動「DNAを取り出してさわってみよう」

分団活動報告

水沢Z分団
報告日:2021年03月12日

第10回定例活動「DNAを取り出してさわってみよう」

活動詳細

活動日・期間 2021年02月21日 9:50-11:30
活動場所 岩手県 奥州市水沢地区センター
参加者 総数:46名
 ・団員: 25名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 5名
 ・保護者・その他: 16名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 高校生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 自然・動物
活動内容 実験 、 交流 、 座学・学習

活動の流れ

 活動を始める前に、亀谷收分団長から団員の大島雅晴さん(高2)が「さわやか賞」(奥州市青少年育成市民会議より)を受賞したことが紹介されました。
 定例活動では大島千春リーダーがDNAの特徴や習性について、クイズを交えながら楽しく教えてくれました。団員たちも積極的に手を上げて答えていました。
 続いてのDNA抽出実験では団員の大島雅晴さん(高2)、珠妃さん(小6)、及川真人さん(高2)が、途中で悩んでいる団員たちのサポートをしてくれました。団員たちは作業手順を確認しながら、実験を進めていきました。
 つぶしたバナナと抽出液(塩、台所用洗剤、水)を混ぜてろ過した液体にエタノールを入れて少し待つと、うっすら白くバナナのDNAが現れました。団員たちは「ツブツブが出来ている」「ザラザラしている」と興奮していました。同じ手順でトマト、ダイコン、タマネギ、リンゴもDNAを抽出して比べてみました。トマトが一番多く、次にダイコン、タマネギの順でDNAを観察することが出来ましたが、リンゴはほとんど観察することが出来ませんでした。
 団員からは「身近な物でDNAがとれるということを知ってよかったです。家でも実験してみたいです」「生物にはDNAが多いものと少ないものがあることが分かりました」などの感想がありました。
 今回の活動では身近にある物を利用してDNAを抽出することは出来るが、沢山抽出されるものと、されにくいものがあることを実験をしながら学びました。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 水沢Z分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    亀谷 收
  • 結団日
    1993年7月17日
  • 主な活動地域
    奥州市
  • 主な活動施設
    国立天文台水沢VLBI観測所

    奥州宇宙遊学館
  • 主な活動日
    ---
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    特になし
  • 連絡先TEL
    0197-24-2111
    内線番号1468 高橋 弓
    直通電話0197-34-1578
  • 連絡先FAX
    0197-22-2533
  • 所属組織に
    支払う年会費
    1000円