トップページ > 分団活動報告 > 佐野分団 > サイエンスキャンプ2021

分団活動報告

佐野分団
報告日:2021年08月17日

サイエンスキャンプ2021

活動詳細

活動日・期間 2021年07月31日 6:30~22:00 から  2021年08月01日 6:00~17:30
活動場所 茨城県 とちぎ海浜自然の家
参加者 総数:38名
 ・団員: 30名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 7名
 ・保護者・その他: 1名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 高校生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 260,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 自然・動物
活動内容 体験・見学

活動の流れ

第1日目》
こどもの国集合(6:30)~出発式~出発(6:45)~北関東高速道~とちぎ海浜の家着(9:00)~分団活動①〈砂浜活動〉(9:00~11:30)~分団活動②〈カヌー&いかだ体験〉(13:30〜15:00)〜分団活動③〈野外調理:ポークカレーづくり〉(15:30~17:30)~入浴(18:00)~分団活動④〈天体観測〉(19:00~20:00)~班長会議(20:15~20:30)~班会議〈班員への伝達時間〉(20:40~20:50)~消灯準備~消灯(22:00)
 《第2日目》
起床(6:00)~洗顔~朝礼(6:20)~ラジオ体操(6:30)~朝食(7:00)~分団活動⑤〈海辺にて砂の造形づくり〉(9:00~11:30) ~昼食(12:00)~分団活動⑤創作活動<マンボーキーホルダーづくり〉(13:30~14:45) ~とちぎ海浜自然の家発(15:00)~北関東自動車高速道~こどもの国着(17:30)

活動の留意点・安全対策

新型コロナウイル感染症対策(手洗い、うがい、消毒等)を徹底し野外活動を行った。また、野外調理での火の取り扱い、刃物の使い方に注意を払う。

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

今回宿泊した「とちぎ海浜自然の家」は、今年3月までTBSで放送されていた「ドラゴン桜」の校舎として使用されていた撮影現場である。敷地内いたるところに撮影で使用された場所があり、団員同士「ここテレビで見たところだ」と興奮気味に話していた。また、コロナ禍の中昨年に引き続き1泊2日だけの宿泊活動であったが、非常事態(佐野市)の場所から疎開し、真夏の太陽の下伸び伸びと、元気いっぱい思い出に残る活動できたことがとっても嬉しかった。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 佐野分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    島田 悦男
  • 結団日
    2000年4月22日
  • 主な活動地域
    栃木県佐野市
  • 主な活動施設
    佐野市こどもの国
  • 主な活動日
    原則:毎月第2土曜日※期日変更の場合あり
  • PR
    2000年4月に佐野市の全面バックアップを受け初団。分団長及びリーダーは宇宙・科学に興味を持ち子どもの教育に情熱を捧げる学校教諭(養護含む)をはじめ、社会教育主事、ボーイスカウトリーダーやレクコーディネーター及びレクインストラクター、ジュニアリーダースの経験者等社会教育関係のエキスパート総勢8名の優秀なリーダーが指導支援を行い、団員は毎年常に40名程度を維持している。過去YAC本部より「優秀活動賞」や「PR貢献賞」を連続受賞。佐野市内のこどもに関する活動をリードする健全育成団体として他の関係各位からも高い評価をいただいている。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    市内在住の児童・生徒(小学校3年生~)※新規団員募集は市広報にて年1回のみ。毎年2月頃実施
  • 連絡先TEL
    0283-21-1515
  • 連絡先FAX
    0283-21-1521
  • 所属組織に
    支払う年会費
    新規団員(登録費含む)4000円、継続団員2000円