トップページ > 分団活動報告 > 北九州八幡西分団 > 第14回 宇宙おはなし会 宇宙飛行士の生活を知ろう

分団活動報告

北九州八幡西分団
報告日:2021年10月08日

第14回 宇宙おはなし会 宇宙飛行士の生活を知ろう

活動詳細

活動日・期間 2021年09月26日 日本時間10時から
活動場所 福岡県 北九州市&香港
参加者 総数:6名
 ・団員: 2名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 2名
参加層(活動対象) 小学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 宇宙飛行士・宇宙での生活 、 科学一般(物理・化学・地学など) 、 宇宙科学・天体 、 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など)
活動内容 実験 、 創作 、 講演 、 交流 、 観察・観測 、 調査・分析

活動の流れ

地球では昼と夜の境がありますが、」宇宙では昼間と夜間がありません。でも宇宙では太陽にあたっているときには昼当たってないときは夜になります。地球の地軸が曲がっているので冬至や夏至では日照時間が違います。宇宙ステーションでは、地球から400mの宇宙空間で90分で1周していますので、45分昼間45分の夜間になります。時間設定はイギリスのグリニッジ標準時で働いています。飛行士の一日は起床して歯を磨いたり顔を少量の水を含ましたタオルで拭くようです。重力が無いので立っていることも大変です。地球との打ち合わせ後に研究や仕事に就きます。船内では浮かびながら移動します。船内には足や手を固定することが出来るようになっています。15か国から参加しているので日常会話は英語です。
昼は宇宙食事で2000種類くらいあり楽しく美味しく戴きます。仕事が終われば体操やストレッチして体力が落ちないように訓練をします。トイレは特殊で地球ではうんちは重力で落ちていきますが大変です。
便器は負圧になってうんちは吸い込まれて処理されます。
おはなしの後は、宇宙での生活を絵にしました。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 北九州八幡西分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    和田 幸裕
  • 結団日
    2011年4月3日
  • 主な活動地域
    北九州市八幡西区&施設 自然体験場北緯33°48  東経130°38
  • 主な活動施設
    私設 自然体験学習場  (ワイヤースライダー・シーソー・竹ソリ・網登り・沢遊び・ターザンごっこ・宇宙遊覧車等・火遊び・自然工作当自由に遊びます)
    ZOOMによるネット宇宙講座を適時案内開設しています。(高藤リーダー英語と日本語で)
    (福岡県アンビシャス活動・八幡西区 八枝市民センター)
  • 主な活動日
    第2日曜日 14時から16時(昼から解放)
  • PR
    幼小家族を対象に自然の中での親子で科学する体験学習。(遠方から参加されています。)
    自ら考え遊びを通した物づくり体験。見たもの全てが遊び物 見て確認それから考えて楽しもう!挑戦人になろう!人間力の向上。自然と科学と宇宙を融合した遊び教育体験を目標 2020年宇宙飛行士をめざそう!
    元JAXA共同研究者(サーマルブランケット)
    参加自由です。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    幼少期に遊び体験することで成長期に大切な知恵や知識の高揚に役立ちます。
    親子家族で参加していろいろなことを体験できる環境で活動します。
    私設 自然体験学習場へは車で来てください。
  • 連絡先TEL
    090-8405-1815
    yuki7948@yahoo.co.jp へ連絡ください。
  • 連絡先FAX
    ---
  • 所属組織に
    支払う年会費
    活動会費は集めていません。(YAC本部の年会費のみ)