トップページ > 分団活動報告 > 金沢南ディスカバリー分団 > 地球内部の科学 ~結晶と光の屈折が彩る芸術

分団活動報告

金沢南ディスカバリー分団
報告日:2021年10月09日

地球内部の科学 ~結晶と光の屈折が彩る芸術

活動詳細

活動日・期間 2021年10月09日 09:00-11:00
活動場所 石川県 金沢市立泉野小学校
http://cms.kanazawa-city.ed.jp/izumino-e/
参加者 総数:32名
 ・団員: 27名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 5名
 ・保護者・その他: 0名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 高校生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 科学一般(物理・化学・地学など) 、 自然・動物 、 環境
活動内容 工作 、 実験 、 観察・観測

活動の流れ

・はじめの挨拶(加藤副支部長)
・今日の活動のながれ
活動Ⅰ
・偏光板の性質について
・岩石の性質と観察の方法について(偏光板の役割)
・偏光板を用いたカレイドスコープの製作

活動Ⅱ
・岩石について
・鉱石発掘キットを用いて、発掘、観察体験

・次回活動について
・終わりの挨拶(清水副分団長)

活動の留意点・安全対策

・会場を広く用いて密にならないよう間隔を取る。

・怪我をするケースの想定
・整理整頓しながら作業する
・削りかすが飛び散らないよう、作業台の上を養生して作業を行う。

・参加者一人一人がきっちり最後まで後片付け、掃除をして退出する。

活動使用教材

・偏光板2枚
・セロハンテープ
・紙コップ

・「宝石の原石」発掘キット(アーテック)

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

 コロナ禍のため、活動回数、時間が減ってしまったため、今回の活動内容はかなり詰め込み型となってしまった。
 が、参加者は活動時間の中でそれぞれ試行錯誤しながら、工夫を繰り返していた。
 活動Ⅱ発掘体験の方は、かなり削り滓が出るため、片付けも意識させながら活動させたかった。

PHOTO

分団情報

  • 金沢南ディスカバリー分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    山岸 郁生
  • 結団日
    1995年7月22日
  • 主な活動地域
    金沢市
  • 主な活動施設
    キゴ山天体観察センター
  • 主な活動日
    ---
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    金沢市在住
  • 連絡先TEL
    076-229-1141
  • 連絡先FAX
    076-229-2511
  • 所属組織に
    支払う年会費
    ---