トップページ > 分団活動報告 > 和歌山分団 > カイロスの実物大(18メートル)イラストを描こう

分団活動報告

和歌山分団
報告日:2021年12月06日

カイロスの実物大(18メートル)イラストを描こう

活動詳細

活動日・期間 2021年12月04日 10:00-12:00
活動場所 和歌山県 県民交流プラザ「和歌山ビッグ愛」
参加者 総数:34名
 ・団員: 2名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 30名
参加層(活動対象) 未就学児 、 小学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など)
活動内容 工作 、 体験・見学

活動の流れ

「紀州っ子アドベンチャーフェスタ2021」に参加し、12月のYAC臨時活動を開催しました。午前中は参加人数が少なかったのでYAC分団員と保護者・教育リーダーも参加し、カイロスの実物大を白いガムテープで製作。その後、エアーロケットをA4コピー用紙を使って作成し完成した順に随時エアーコンプレッサーで打上。
9:40~集合
10:00~11:20カイロスの実物大を製作~エアーロケット製作・打上
11:30 集合写真を撮って終了
11:30~一般の方に自由参加でエアーロケット製作地と打上を行った。
15:30 イベント終了・あとかたずけし終了

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

・カイロスの実物大イラストを描こう/ガムテープ4本・マジック
・エアーロケット製作・打上/A4コピー用紙・はさみスティックのり

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

エアーロケット製作では随時飛ばすことが出来るので何度も調整しながら飛ばしていた。飛ぶときは20m以上飛ぶエアーロケットに興奮していた。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 和歌山分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    西田 弘
  • 結団日
    2009年8月1日
  • 主な活動地域
    和歌山市内
  • 主な活動施設
    和歌山リビング新聞社 会議室
    和歌山大学宇宙教育研究所
    和歌山県立桐蔭高校
    その他
  • 主な活動日
    基本的に第2土曜日(変更あり)
  • PR
    和歌山分団では和歌山大学宇宙教育研究所・JAXAスペースティーチャーズ和歌山と連携協力し、宇宙・科学工作・実験・自然観察・天体観測・ボランティア活動に至るまで、あらゆる事に月1回活動を予定しています。
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    入団月は毎年4月になります。
    (年度途中の入団は受け付けておりません。)
    小学校4年~6年まで
  • 連絡先TEL
    073-428-0281
  • 連絡先FAX
    073-428-3421
  • 所属組織に
    支払う年会費
    なし