トップページ > 分団活動報告 > 館林分団 > 動力飛行機を飛ばそう

分団活動報告

館林分団
報告日:2022年04月24日

動力飛行機を飛ばそう

活動詳細

活動日・期間 2022年04月24日 9:30-12:00
活動場所 群馬県 向井千秋記念子ども科学館
参加者 総数:25名
 ・団員: 10名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 1名
 ・指導員: 3名
 ・保護者・その他: 11名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 10,000円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など)
活動内容 工作 、 実験

活動の流れ

9:30 集合、挨拶、体験者自己紹介、科学館職員さんの挨拶
9:45 プロペラ機製作開始
10:15 広場に移動して飛行機を飛ばす
11:15 工作室に戻って、KK式紙飛行機の製作
11:30 多目的スペースでKK式紙飛行機のテスト飛行
11:45 この後の活動について
12:00 終了

活動の留意点・安全対策

飛行機を追いかけて、道路に出ないこと。
広場の真ん中で、人のいない方に向かって飛ばす。
プロペラが勢い良く回るので、手や顔に当たらないように注意する。
天気が心配だったので、先にゴム動力の飛行機を作って、屋外の広場でとばしてから、後で、KK式紙飛行機を作って、室内で飛ばす事にした。

活動使用教材

キットのプロペラ飛行機(ゴム動力)各自1機づつ組み立てる
電動モーターの飛行機(1機のみ)
KK式紙飛行機

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

ケント紙を1枚づつ、渡して、家に帰ってから、オリジナルの紙飛行機を作る宿題を出した。

参加者からの主な感想

とてもよく飛んだ。
遠くまで飛ぶと、取りに行くのが大変だった。
ゴム動力のプロペラ飛行機は、最初、ゴムの巻き回数が全然足りなくて
ほとんど飛びませんでしたが、たくさん巻くことによって
遠くまで飛ばせるようになったのが嬉しかった。
モーターのプロペラ機は、かなり遠くまで飛ばせたので楽しかった。

活動に関する反省点・改善点

モーターでプロペラを回して飛ぶ飛行機が、飛び過ぎて、一度、道路に出てしまった。

PHOTO

分団情報

  • 館林分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    増田 隆志
  • 結団日
    1988年11月6日
  • 主な活動地域
    館林市
  • 主な活動施設
    向井千秋記念子ども科学館
  • 主な活動日
    毎月第4日曜日
  • PR
    ---
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    2017年度より、小学生以上となりました。

    ※2021年度は、新型コロナウイルスの影響で活動に制限が生じているため、新規入団、体験参加をお断りする場合があります。
  • 連絡先TEL
    0276-75-1515
  • 連絡先FAX
    0276-75-1433
  • 所属組織に
    支払う年会費
    年間5,000円を、半期毎に集金、体験は500円/1回