トップページ > 分団活動報告 > 北九州市分団 > 宇宙おはなし会 気象衛星について

分団活動報告

北九州市分団
報告日:2022年08月28日

宇宙おはなし会 気象衛星について

活動詳細

活動日・期間 2022年08月28日 10時から
活動場所 福岡県 北九州市&香港
参加者 総数:10名
 ・団員: 3名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 3名
 ・指導員: 2名
 ・保護者・その他: 2名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 宇宙飛行士・宇宙での生活 、 科学一般(物理・化学・地学など) 、 宇宙科学・天体 、 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など) 、 コンピュータ関連 、 人文科学・芸術(歴史・文化・法律・経済など) 、 自然・動物
活動内容 工作 、 実験 、 創作 、 講演 、 交流 、 観察・観測 、 スポーツ・運動 、 座学・学習 、 体験・見学

活動の流れ

10時からバイリンガルで宇宙おはなし会

JAXAの教育センター教材を使っておはなし会をしました。
はるか36000km上空から低軌道衛星まで地上の様子を観察し、災害監視、気象予報などさまざまな事象の観測をしているのが地球観測衛星です。現在の観測衛星は、①超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS) ②いぶき2号(GOSAT-2) ③先進レーダ衛星(ALOS-4) ④先進光学衛星(ALOS-3) ⑤だいち2号(ALOS-2) ⑥⑦ひまわり8・9号 ⑧いぶき(GOSAT) ⑨ひまわり7号(MTSAT-2) ⑩みどり(ADEOS) ⑪みどりII(ADEOS-II) ⑫ふよう1号(JERS-1)が監視している。

活動の留意点・安全対策

低軌道衛星・中起動衛星・静止軌道衛星がある。情報は、白黒画像(地上分解能2.5m)を取得するセンサと、カラー画像(地上分解能10m、可視近赤外4バンド)を取得するセンサを個別に搭載していました。(「だいち3号」ではこれらを統合し、 一つのセンサで白黒(地上分解能0.8m)とカラー画像(地上分解能3.2m、可視近赤外6バンド)を取得します。)
衛星はそれぞれ目的によって観測している。

活動使用教材

JAXAの教育教材
地球観測の目になってみよう!

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

地球をいつも監視している衛星が多くあるのがわかった。
台風の雲の集まりがわかった
ひまわり8号はサッカー場の大きさと聞いてびっくりした。
知りたいことがいっぱいあった。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 北九州市分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    和田 幸裕
  • 結団日
    2011年4月3日
  • 主な活動地域
    北九州市八幡西区&施設 自然体験場北緯33°48  東経130°38
  • 主な活動施設
    私設 自然体験学習場  (ワイヤースライダー・シーソー・竹ソリ・網登り・沢遊び・ターザンごっこ・宇宙遊覧車等・火遊び・自然工作当自由に遊びます)
    ZOOMによるネット宇宙講座を適時案内開設しています。(高藤リーダー英語と日本語で)
    (福岡県アンビシャス活動・八幡西区 八枝市民センター)
  • 主な活動日
    第2日曜14時から16時 & 第4日曜 10時からバイリンガル
  • PR
    幼小家族を対象に自然の中での親子で科学する体験学習。(遠方から参加されています。)
    自ら考え遊びを通した物づくり体験。見たもの全てが遊び物 見て確認それから考えて楽しもう!挑戦人になろう!人間力の向上。自然と科学と宇宙を融合した遊び教育体験を目標 2020年宇宙飛行士をめざそう!
    元JAXA共同研究者(サーマルブランケット)
    参加自由です。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    幼少期に遊び体験することで成長期に大切な知恵や知識の高揚に役立ちます。
    親子家族で参加していろいろなことを体験できる環境で活動します。
    私設 自然体験学習場へは車で来てください。
  • 連絡先TEL
    090-8405-1815
    携帯090-8405-1815 へ連絡ください。ライン登録でお知らせいたします。
    オリジナル歩いたら揚がるたこづくりはどこにでも出かけて教えます。
  • 連絡先FAX
    ---
  • 所属組織に
    支払う年会費
    活動会費は無料。(YAC本部の年会費のみ)