トップページ > 分団活動報告 > 苫小牧分団 > 終了分例会案内が誤配信されましたので削除して下さい。<m(__)m>

分団活動報告

苫小牧分団
報告日:2022年09月15日

終了分例会案内が誤配信されましたので削除して下さい。<m(__)m>

活動詳細

活動日・期間 2022年09月10日
活動場所 北海道 団員宅
参加者 総数:13名
 ・団員: 7名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 1名
 ・保護者・その他: 5名
参加層(活動対象) 小学生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 科学一般(物理・化学・地学など)
活動内容 工作 、 実験

活動の流れ

1、通信例会教材希望者をメール受け付け。
2、希望者あてに分団オリジナル教材1式を発送。(9月5日)
3、テキスト記載の問題解答と知恵の輪解法をメール配信。(9月9日)

活動の留意点・安全対策

自宅活動での100%の成功率と安全確保のために、資料(テキスト、製作法、
実験ポイント、調整法、等々)作りに十分な検討を加え、それらの条件を機体型紙
の中にすべて反映させた。

活動使用教材

教材自体は全て100均アイテムで一人当たりの教材費も数十円と思われるが、
留意点にあるように、今回はハード面よりもソフト面での煮詰め作業が多かった。

スーパーボール1個、竹串1本、ストロー1本、輪ゴム1本、機体型紙(自作)、紙製
コースター1枚、手芸紐1本、スーパーボール号&ランチャーカード(知恵の輪内の
移動カード・自作)各1枚、ゼムクリップ2本

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

付録として同梱した「スーパーボール号知恵の輪」は、付録と言えどもメイン教材と
一部共有するテーマ「発想の転換」を持つ。

テキスト内では、スーパーボール号の運動に関連した問いかけを幾つか設け、
後日の解答編(メール添付)の中で解説した。スーパーボール号の振る舞いを
裏付ける物理法則を、できるだけやさしく解説し、普段の生活の中に潜む科学
の姿を紹介した。

参加者からの主な感想

「飛行機は上から飛ばすものだとばかり思っていましたが、こんな飛ばし方もあるんだと家族で新しい発見がありました。」 など。

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 苫小牧分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    藤島 豊久
  • 結団日
    1987年7月19日
  • 主な活動地域
    苫小牧市科学センター
  • 主な活動施設
    苫小牧市科学センター
  • 主な活動日
    毎月第二土曜日
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    5歳以上
  • 連絡先TEL
    0144-33-9158
  • 連絡先FAX
    0144-33-9159
  • 所属組織に
    支払う年会費
    0円