トップページ > 分団活動報告 > 金沢南ディスカバリー分団 > 金沢大学発宇宙行き、超小型衛星「こよう」と金大宇宙プロジェクト

分団活動報告

金沢南ディスカバリー分団
報告日:2022年09月17日

金沢大学発宇宙行き、超小型衛星「こよう」と金大宇宙プロジェクト

活動詳細

活動日・期間 2022年09月17日 09:00-11:00
活動場所 石川県 金沢市立泉野小学校
http://cms.kanazawa-city.ed.jp/izumino-e/
参加者 総数:37名
 ・団員: 32名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 5名
 ・保護者・その他: 0名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生 、 高校生 、 大学生以上・成人
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 科学一般(物理・化学・地学など) 、 宇宙科学・天体 、 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など) 、 コンピュータ関連
活動内容 工作 、 講演 、 座学・学習 、 体験・見学

活動の流れ

1)あいさつ
2)講師紹介
 金沢大学 先端宇宙理工学研究センター 准教授 莊司泰弘先生
3)講演「X線突発天体監視速報衛星こようの開発」
4)実物大モデルをつくって見よう
5)組み立て、記念写真
6)終わりのあいさつ

活動の留意点・安全対策

・基本的な感染症対策(手指消毒、マスク着用など)を徹底した。
・はさみ、カッターなどを扱う活動だったため、子どもたち自身で自分の経験、技量を考えさせ、難易度を分けて分担する工作を選択させた。
・リーダーを各所に配置し、臨機応変に支援、アドバイスできるようにした。

活動使用教材

・大判プリンターで印刷した型紙
・段ボール
・両面テープなど

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

金沢大学 先端宇宙理工学研究センター Webなど
超小型衛星の開発について学ぶことができた。
http://arc-sat.w3.kanazawa-u.ac.jp/index.html

参加者からの主な感想

・自分たちがつくったパーツが組み立てられて一つの衛星になったのが面白かった。
・紙のパーツでも、組み立てるとホンモノのようだった。
・大きさや、内部の部品の詰め込まれた様子がよくわかった。

活動に関する反省点・改善点

・組み上げる部品の数が多かったため、完成に至るまでに予定以上の時間を要した。(一時間30分に収まらず、二時間掛かった)そのため、後の予定がある団員は完成前に帰ることになった。 製作部品等の手順の再検討、事前のパーツの切り分け等で、製作時間を圧縮することもできそうであったため、今後更に検討を進めたい。

PHOTO

分団情報

  • 金沢南ディスカバリー分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    山岸 郁生
  • 結団日
    1995年7月22日
  • 主な活動地域
    金沢市
  • 主な活動施設
    キゴ山天体観察センター
  • 主な活動日
    ---
  • PR
    ---
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    金沢市在住
  • 連絡先TEL
    076-229-1141
  • 連絡先FAX
    076-229-2511
  • 所属組織に
    支払う年会費
    ---