トップページ > 分団活動報告 > 相模原分団 > モデルロケットの製作(10月例会)

分団活動報告

相模原分団
報告日:2022年10月31日

モデルロケットの製作(10月例会)

活動詳細

活動日・期間 2022年10月16日 13:30~16:00
活動場所 神奈川県 相模原市立環境情報センター学習室
http://www.eic-sagamihara.jp/access/
参加者 総数:70名
 ・団員: 31名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 2名
 ・指導員: 4名
 ・保護者・その他: 33名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 24,950円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など)
活動内容 工作

活動の流れ

 モデルロケットの製作を行いました。紙チューブのロケット本体と各部品をセットにしたものを配布し、モデルロケットに詳しい塩田さん指導のもと、分団で作成した「作り方」にしたがい、各自機体を製作しました。まず、厚紙で尾翼、ケント紙でノーズコーンを作り本体に取り付けました。次にエンジンマウントを組みたて、本体に装着し、最後にレスキューシートを六角形に切りだしたパラシュートを取り付け、ロケットは完成しました。尾翼、ノーズコーン、パラシュートは独自にアレンジしても可能としました。
  11月例会でモデルロケット試射会を行う予定です。それまで時間があるので、どうやったらよく飛ぶか、パラシュートのたたみ方の工夫など、滞空時間を延ばすためにいろいろ研究、工夫して機体を完成してくることを課題としました。

活動の留意点・安全対策

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

・今日もとても楽しかったです。とばす日が楽しみです。(小4)
・尾翼を自作するのは楽しかったけれど、少し時間が足りなくなった。(小5)
・うまくいくかなとおもった。たのしかった。(小1)
・まえつくったよりものすごくむずかしかったです。次回の例会不安。(小5)
・とちゅうでいっぱいせんせいにいろんなことをきいたけどかんせいできました。(年長)
・エンジンを作る時がむずかしかったです。でも完成したときはうれしかったです。11月に飛ばすのが楽しみです。(小5)
・べんきょうになりました。家で続きを作ります。(小2)
・ロケットはうまく作れました。家でつくるところは全部作って入賞したいです。(小2)
・今日は羽とかノーズコーンなども自分で作ることができてとても楽しかったです。(小6)
・いろいろな改造をして本番に飛ぶか心配。(小6)
・今日はかんせいできなかったですが、いろいろ作れたのでよかったです。(小5)
・楽しくてむずかしかったです。次にとばせたらとおもっています。(小3)

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 相模原分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    奥村 光弘
  • 結団日
    2001年9月9日
  • 主な活動地域
    相模原市
  • 主な活動施設
    環境情報センター、総合学習センター、若あゆ、市民会館、橋本公民館、愛川ふれあいの村、三段の滝下広場など
  • 主な活動日
    第3日曜日
  • PR
    子供はもちろん、大人でも楽しい宇宙や科学に関する実験や工作などを、澤井分団長中心に大体毎月第三日曜日に行なっています。なかなか家庭や学校では出来ない例会を企画していますので、持ち帰れる実験装置を製作した後は、保護者の皆様から家庭での実験報告が送られて来ます。ご興味のある方は、是非一度体験・見学に来て下さい!!!
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    育成会費(毎年4月に月300円×12ヶ月分をお振込み頂きます。年度の途中に入団の場合は、入団月から翌年の3月分まで頂きます。)の他に、例会内容によっては材料費など(500円位)を徴収させて頂く事もあります。保護者の参加も大歓迎です。お子様だけ参加の場合は例会会場までの送迎を、保護者の責任のもと宜しくお願いいたします。
  • 連絡先TEL
    042-747-2301
  • 連絡先FAX
    042-747-2301
  • 所属組織に
    支払う年会費
    正団員(3600円)、家族団員(1200円)