トップページ > 分団活動報告 > 館林分団 > JAXA筑波宇宙センター見学

分団活動報告

館林分団
報告日:2022年10月30日

JAXA筑波宇宙センター見学

活動詳細

活動日・期間 2022年10月28日 8:00-19:00
活動場所 茨城県 JAXA筑波宇宙センター
参加者 総数:4名
 ・団員: 2名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 1名
 ・保護者・その他: 1名
参加層(活動対象) 小学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 宇宙飛行士・宇宙での生活
活動内容 体験・見学

活動の流れ

8:00群馬中央バス前橋営業所出発
8:40元総社公民館出発
10:00〜10:20東北道上り羽生PA(昼食購入も可)
11:30JAXA筑波宇宙センター
駐車場到着後、バス車内にて昼食(黙食)
スペースドーム見学、売店
12:30バス集合後集合写真撮影→受付
13:30JAXA筑波宇宙センター見学ツアー開始(バスにて移動)
閉鎖環境適応訓練設備、低圧環境適応訓練設備見学
ISS実験設備、ISS管制室見学
15:00スペースドーム見学ツアー開始
16:00JAXA筑波宇宙センター出発
17:30〜17:50東北道上り羽生PA
18:45群馬中央バス前橋営業所
19:30元総社公民館

活動の留意点・安全対策

館林分団からの参加者は少ないので、団体行動からはぐれない様に注意する。
高速道路を使ったバス旅行なので、サービスエリアでは周りの車に注意する。
参加者が途中で合流するので、時間と場所などを事前に確認して、スケジュールの遅れにならないように配慮する。

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

筑波宇宙センターに初めて行って、楽しかったです。普通では見ることができない管制室を見学できたことは、感動でした。遠い宇宙とつながっているようで、ワクワクしました。管制室の人が、手を振ってくれて、シャッター下がるのを見えなくなるまで、手をふりました。ロケットの 模型や宇宙飛行士の服を実際に見れて、良かったです。また、行ってみたいです。
バスに乗るのが楽しみだった。
人工衛星の実物を初めて見た。
人工衛星がロケットから出て来る事を初めてしった。
とても大きなロケットが見られて良かった。大きなロケットが宇宙までとんでいくのが凄いと思った。
宇宙で縄跳びがしてみたい。

活動に関する反省点・改善点

前橋分団の活動に参加させてもらう事が出来て、ありがとうございました。
群馬県民の日なので、参加者が少なくなってしまいましたが、参加した団員にとってとても貴重な体験となりました。

PHOTO

分団情報

  • 館林分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    増田 隆志
  • 結団日
    1988年11月6日
  • 主な活動地域
    館林市
  • 主な活動施設
    向井千秋記念子ども科学館
  • 主な活動日
    毎月第4日曜日
  • PR
    ロケット、飛行機、船や電子工作などの実験と工作をたくさん行っています。
  • ホームページ
    ---
  • 入団条件
    2017年度より、小学生以上となりました。
  • 連絡先TEL
    0276-75-1515
  • 連絡先FAX
    0276-75-1433
  • 所属組織に
    支払う年会費
    年間5,000円を、半期毎に集金、体験は500円/1回