トップページ > 分団活動報告 > 東京日本橋分団 > 火星のしごと、NASAのしごと

分団活動報告

東京日本橋分団
報告日:2022年12月19日

火星のしごと、NASAのしごと

活動詳細

活動日・期間 2022年11月13日 14:00-15:30
活動場所 東京都 宇宙ビジネス拠点X-NIHONBASHI(福島ビル7階)
https://www.x-nihonbashi.com/facility/#x-nihonbashi
参加者 総数:25名
 ・団員: 20名
 ・他分団員・本部所属団員: 0名
 ・体験入団者: 0名
 ・指導員: 5名
 ・保護者・その他: 0名
参加層(活動対象) 小学生 、 中学生
望ましい経験年数 特になし
活動総額 0円
活動形態 日帰り
食材・食品の取り扱い なし

活動分野・内容

活動分野 宇宙開発(ロケット・人工衛星など) 、 宇宙飛行士・宇宙での生活 、 宇宙科学・天体 、 工学一般(機械・ロボティクス・材料・電気など)
活動内容 講演 、 交流 、 座学・学習

活動の流れ

講師にNASA ジェット推進研究所技術者の小野雅裕さんにご参加いただき、

■小野さんのNASAでのお仕事
■火星ってどんなところ
■火星ローバー/パーサヴィアランスについて

などについてお聞きしました。

Zoomでの遠隔授業でしたが、子供たちも画面越しの小野さんに興奮しながらも
しっかりと聞いていました。

また、次回の観望会で火星を見る予定にしているので
観望会に向けての準備についても運営スタッフから説明をしました。

■講師:小野 雅裕(おの まさひろ)さん

【経歴】
NASAジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)技術者
1982年大阪府生まれ。2005年東京大学工学部航空宇宙工学科卒業。
2012年マサチューセッツ工科大学(MIT)航空宇宙工学科博士課程および同技術政策プログラム修士課程修了。
2012年より慶應義塾大学理工学部助教。2013年より現職。
火星ローバー・パーサヴィアランスの自動運転ソフトウェアの開発や地上管制に携わるほか、将来の宇宙探査機の自律化に向けたさまざまな研究を行なっている。
阪神ファン。好物はたくあん。主な著書は、『宇宙を目指して海を渡る』

活動の留意点・安全対策

■■■感染症対策について■■■

■新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインに従い、
イベント中の換気、マスクの着用や入室時の検温、
手指の消毒、ソーシャルディスタンスなどのお願いをさせて頂きます。
1人1人の安全安心を第一に、感染予防対策を万全にして実施致します。
下記内容を必ずお読みいただき、ご理解・ご了承いただいた上で、
応募いただきますようお願い申し上げます。
なお、下記内容は収録開催日直近の感染拡大状況や政府および
各自治体からの要請の変化に準じて変更させていただく可能性がございます。

■イベント当日、以下の項目に該当される方はご来場をお断りいたします。
・37.5度以上の発熱のある方。
・のどの痛み、頭痛、関節痛、息苦しさ、咳、下痢、嘔気・嘔吐、
 味覚障害など新型コロナウイルスを含めた各感染症への懸念がある方。
・咳、くしゃみなどにより、周りのお客様を不安にさせる可能性のある方。
・新型コロナウイルス感染症の陽性者および濃厚接触者。
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている
 国・地域等への渡航及び当該国・地域の在住者との濃厚接触がある方。
・同居するご家族、ご友人、勤務先/学校等にて、新型コロナウイルス感染症に現在感染されている場合。
・感染防止のための措置や、感染防止の対策にご協力いただけない方、
 安全確保の妨げになると判断した方はご入場をお断りいたします。

活動使用教材

活動アイディア&材料集めの情報・ヒント

参加者からの主な感想

活動に関する反省点・改善点

PHOTO

分団情報

  • 東京日本橋分団
  • 分団の写真
  • 組織長(分団長など)
    榎本 麗美
  • 結団日
    2021年11月20日
  • 主な活動地域
    東京都中央区日本橋
  • 主な活動施設
    クロス日本橋で活動予定です
  • 主な活動日
    月1回、週末に活動予定
  • PR
    YACの理念のもと、宇宙に関する「ホンモノ体験(宇宙開発の最前線で活躍する⼈や企業などに直接触れること)」を提供する分団です。

    YAC東京⽇本橋分団のビジョンは「LIVE UNIVERSE」。
    ⼦ども達に宇宙に関する⾊々な体験の場を提供し、
    世界で活躍するグローバル⼈材のさらに先を⾒据えて、来たる宇宙時代で活躍する『ユニバーサル⼈材』の育成を⽬指しています。

    この分団は、その⻑であり、宇宙キャスター®の榎本麗美が
    「東京都⼼に⼦供たちが最先端の宇宙に触れられる場所を作りたい」との想いで始動。
    共同創設者 / アドバイザーには慶應義塾⼤学⼤学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授、宇宙サービスイノベーションラボ事業協同組合 代表理事を務める神武直彦⽒が就任。
    宇宙⾶⾏⼠講座キッズコース講師には
    JAXA社友の柳川孝⼆⽒、
    公益財団法人日本宇宙少年団 理事の上垣内茂樹⽒の2名が参画しています。
  • ホームページ
    リンクはこちら
  • 入団条件
    小学3年生~高校生を予定(大学生は分団ボランティアで教育リーダー活動)
  • 連絡先TEL
    ---
  • 連絡先FAX
    ---
  • 所属組織に
    支払う年会費
    年会費24,000円(月額2,000円)