YACオンライン

専門家に学ぶ!宇宙の謎を解き明かせ!
NASAジェームズウェッブ望遠鏡!

いよいよ、ハッブル宇宙望遠鏡の後継機『ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡』の打上げが迫ってきました。打上げに先駆け、オンライン講座を開設します!

ジェームズウェッブ望遠鏡によって、新たな宇宙探索時代の到来に期待が高まります。
今までの望遠鏡と何がちがうのでしょうか?
驚くべき設置場所とそれを可能にした技術とは?
どんなデータが取得できそうなの?
そんな疑問にも専門家がズバリと答えてくれるかも!?
まさに世界最先端のテクノロジーに触れる90分。ご家族でお楽しみください。
ゲストにはNASAの方やジェームズウェッブ望遠鏡を制作した会社の方も参加!JAXAOB、そして天文学者の解説でその「凄さ」に迫ります。

実施概要

主催

公益財団法人 日本宇宙少年団

共催

増進堂・受験研究社

日時

2021年12月18日(土)14:00〜15:30

会場

オンライン
※ZoomウェビナーかYouTubeLIVEでご参加ください。
※詳しい参加方法は、申し込みサイト(peatix)の説明をご覧ください。

参加対象

未就学生から大人までどなたでもご参加いただけます。
※講義内容は小学生低学年から高校生レベルの内容になっております。
※一部英語でのスピーチがありますが、日本語翻訳予定です。
※回線確保のため、1家族=1チケット・1アクセスでお願いします。

チケット

以下のうち、どちらか一方のみをお申込みください。
(1) Zoomウェビナー(クイズや質問チャットに参加可能)・・・定員500名
(2) YouTubeLIVE(視聴のみ)・・・定員500名

参加費

無料

締切

2021年12月17日(金)23:59まで
※締切前に定員に達したときはその時点で終了となります


お申し込みはこちらから

※外部サイト(peatix)でのお申込みとなります。

出演

司会

小定弘和 YAC事務局

ファシリテーター

上垣内茂樹 YAC理事/JAXA客員/JAXA社友

講師

柳川孝二 YAC相談役/JAXA社友/Koshoya2020代表
馬場俊介 鹿児島大学プロジェクト研究員

ゲスト

ガーヴィー・マッキントッシュ NASAアジア代表部代表
コルベン・サイム Northrop Grumman Japan

登壇者紹介

上垣内 茂樹(かみがいち しげき)
公益財団法人日本宇宙少年団 理事
JAXA客員、JAXA社友

1957年、広島県生まれ、東京大学大学院機械工学専攻修士課程修了。
1982年、宇宙開発事業団(現在のJAXA)入社。3年間ほど、ロケットエンジンや人工衛星の姿勢制御装置の開発等を担当。
その後、日本初のスペースシャトルの宇宙飛行士となる毛利、向井、土井宇宙飛行士の訓練、宇宙実験実施の際の地上実験管制所での管制官を務めた。その後、日米欧露加の15カ国が参加している国際宇宙ステーションを利用した実験を取りまとめる「きぼう利用センター長」、そして広報部長等を経て、2016年4月より、宇宙飛行士・運用管制ユニット長に就き、宇宙飛行士、および、その訓練、健康管理、また、宇宙医学研究、地上運用管制の取りまとめを行った。
2009年の宇宙飛行士選抜では審査委員を務めた。
2019年にJAXAを退職、現職につく。

 

柳川 孝二(やながわ こうじ)
公益財団法人日本宇宙少年団 相談役
JAXA社友 Koshoya2020代表(個人事業)

経歴:
1951年東京生れ。1977年早稲田大学物理学修士課程修了後、宇宙開発事業団(現JAXA)入社。
ロケットエンジン開発、国際宇宙ステーションの利用、宇宙実験、NASAジョンソン宇宙センター駐在、有人宇宙技術開発、宇宙飛行士の訓練や搭乗調整を担当。2008年宇宙飛行士選抜を担当。その後、情報システムと広報を兼務。2017年JAXA社友、Koshoya2020代表。

著書:
『なぜ、人は宇宙をめざすのか』(共著、誠文堂新光社)
『宇宙飛行士という仕事』(中央公論新社)
『宇宙飛行士に聞いてみた!』(監修、日本文芸社)
『Space Shuttle 写真集』(監修、玄光社)

ブログ:
http://koshoya2020.livedoor.blog/

 

馬場 俊介(ばば しゅんすけ)
鹿児島大学プロジェクト研究員

1990年愛知県生まれ、東京大学大学院物理学専攻博士課程修了。
日本学術振興会特別研究員PDとして宇宙科学研究所、国立天文台 に在勤したのち、2021年10月より現職。
高光度赤外線銀河内の活動に興味を持ち、主に赤外線・サブミリ波による観測的研究を進めている。
大学院在籍時は日本の天文衛星「あかり」を用いた研究を行い、その観測データの品質向上化にも携わった。
JWSTでは、分光観測を通して高光度赤外線銀河の星形成環境を探ることを目指している。

 

ガーヴィー・マッキントッシュ
NASAアジア代表部代表

 

コルベン・サイム
Northrop Grumman Japan

 

お申し込みはこちらから

※外部サイト(peatix)でのお申込みとなります。