日本宇宙少年団は、平成27年(2015年)、設立30周年を迎えます。

宇宙開発には、地球の自然環境を守り、生命体が少しでも長く生きるための惑星の運命を担う大切な意味があります。

子どもたちの中には、将来、そういう分野で力を発揮する天才もいるでしょう
その子どもたちを刺激し夢を与えることに人類の未来がかかっており、それが宇宙少年団の活動の大きな意義でもあります。

とても大事な時期である今、人類という一つの種族の中で喧嘩せず、力を合わせて少年少女たちを励ましていきましょう

YAC 日本宇宙少年団 理事長 松本 零士

更新情報